フーテンの科学寅さんの第2ブログです。
s-137_3782.jpg s-138_3825.jpg
s-137_3777.jpgs-138_3818.jpg

フーテンの科学寅さんのヒミツの予定表です。
 a_ilst003.gifでも、優先順位は、科学実験教室ができることですから、ご相談ください。
me-rulogo1.gif
--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.21.Wed

昨日に続いて、自分の(特に教師の)科学観をチェックする問題です。

これらの問題は、、仮説実験授業―授業書ばねと力によるその具体化
(板倉聖宣)の「教師の科学教育観の実態」
からの抜粋引用、編集です。


<問題2>

2つの入れ物の中に、水が50ccずつ入っています。

この水を合わせると、その体積はどれだけになるでしょう?



こういう問題を出したところ、子ども達は、みんな正しく
100ccになると答え、実験の結果もその通りになりました。

そこで、先生は、また、
「この実験からどういうことが分かったでしょうか?」

とみんなに聞きました。

すると、これまた、次のようにいろいろの答えがでてきました。
このうち、一番良いと思うものに、◎
これでも良いと思うものに ○
これはいけないと思うものに ×
をつけ、このほかに、もっとよい答えがあると思ったら
オの「      」の中に書き加えてください。


ア: 「水50ccと水50ccを加えると、100ccになる」というこが分かった。
イ: 「二つの入れ物に入った水を加えると、もとの水の体積を加えたものになる。」
   ということが分かった。
ウ: 「2つの入れ物に入った液体を加えると、もとの液体の体積を加えたものになる」
   ということが分かった。
エ: 「どんなものでも、2つのものを加えると、もとのものの体積を加えたものになる」
   ということが分かった。
オ: 「       」


以上です。



<解説>

読んでいただければわかるように
先日の、問題1の答え アと、今日の問題2の アは
実験結果そのものを表現したものです。

それに対し、問題1の イ、そして問題2の ウやエは、
その実験結果をぐっと広く一般化して答えたものです。

そして、問題1の ウ、 問題2の イは、
それらの中間的な答えです。



問題の解釈には、3つのタイプがありえることが分かります。

一つは、
その実験事実を(正しい限り)できるだけ一般化して
答えるべきであって、
実験事実そのものを答えるべきでない、という考え。

これを「一般化型」と呼ぶことにします。
この考えの先生は、問題1で言えば、イに◎、アに×をつけるでしょう。



二つ目は、
しかし、それとは、正反対に、
ただ1つの実験事実だけからそれを一般化して

「どんなものでも・・・・・・」とするのは
実験事実を重んじない考え方であると考え、
「科学教育ではできるだけ経験事実をこえて
独断におちいらないように、
実験事実に即した考え方を指導するのが正しい。」

とする考えです。
この考えを「経験主義型」と呼んでみます。
このタイプの先生なら、イに×、アに◎となります。



しかし、また、上のような考え方は、どちらも極端なものだと考え、
「実験事実をみたら、それを一度に一般化すると
あやまりに陥ることがあることに警戒させると共に、
実験結果を適度に一般化させるように指導しなければならない。」
という考える先生もいらっしゃるでしょう。
ウに◎をつけ、他を○、か、×をつけて答えた先生です。
「中庸型」とでも申しましょうか。


実は、これらは、
その人の科学観・教育観と深くかかわってくるのです。

さらに、タイプを分けると
「これはいけない考えだ」といずれかに ×をつけた先生を
「厳格型」
どれにも×をつけなかった人を「寛容型」
中間で迷ってしまって、無記入の「躊躇型」

という分け方もあります。


さらに、さらに、上記のどれにも属さない、独自に考えもあります。
これを「中立型」とよんでみます。

それを先ほどの、「経験主義型」「一般化型」「中庸型」
とでマトリックスを組むと、面白い事実が見えてきます。

何と、どの学校でも、
わずかな先生の数なのに、
ほとんどあらゆるタイプの科学観・教育観の持ち主がみられるということが
調査からわかっています。


ふつう、一般化型を多いようですが、
その半数近くは、経験主義型をとるようです。

また、厳格型も多いのですが、
これまたその半数近くが、寛容型をとります。


このように、今日の先生の科学観や教育観は、
まったくマチマチだというのが実態なのです。


つまり、このことは、子どもたちが、
どの教師に学ぶかによって、
全く正反対の教育方針によって教育されるということを
示しています。

あるクラスの子どもは、アのように答えて、ほめられ
他のクラスでは、同じ答えに、×をつけられるのです。



では、どう考えるのが、科学教育では適当なのでしょうか?
筆者の板倉聖宣先生は、どう考えておられるのでしょうか?

明日に続きます。
スポンサーサイト


2008.05.11.Sun

血中の総コレステロール値が低い人は
死亡リスクが高いことが、
浜崎智仁富山大教授、大櫛陽一東海大教授らの研究で分かったそうです。

特に男性の場合、総コレステロール値が高いほど
リスクが低くなる傾向がみられたのです。

大櫛教授らの別の疫学調査では、
「悪玉」とされるLDLコレステロールでも同様の傾向がみられたそうです。

浜崎教授は「コレステロールを悪者にする説はもともと米国から来たもの。
米国は心臓疾患や肥満が多く、体質が違う。
不必要な人まで薬物治療の対象になる」と懸念しているというもの。

だとすると、今までのコレステロールをめぐる努力は、
一体何だったのか?

この報道も含めて、冷静に、マスコミは、取り上げて欲しいものだと思います。
 
水はなんにも知らないよ水はなんにも知らないよ
(2007/02/25)
左巻 健男

商品詳細を見る



という本があります。

 著者は、水に「ありがとう」という文字を見せて凍らせると美しい結晶ができ、
「ばかやろう」という文字を見せると汚い結晶しかできないと主張する説
すなわち『水からの伝言』に
批判の声を発した有志の一人。

本書の前半は、その「水伝」(波動水)をはじめ、
磁化水・πウオーター・トルマリン水・クラスターの小さい水など、
いかがわしい「水商売」の宣伝がニセ科学であることを明らかにし、
後半は人体と水・水道水・ペットボトルの水など、
身近な水に関して誤解を解きつつやさしく説いています。


成人の科学知識が経済先進国では最低レベルの日本。
オカルト系ニューエイジに親和性が強く、
その弊害に鈍感なわが国には「必要とされる好著」かもしれません。
  

超音波で蚊よけ、マイナスイオンで燃費向上など、効果に科学的な裏付けがあるように見せかける「ニセ科学」商品が、昨年度は、56件排除命令を出されました。

科学のようで科学でない。
そんな話が、世の中にあふれています。
ニセ科学とは何か。
この問いは、「科学の本質とは何か」を探ることでもあります。


科学は、永遠に進行中の作業です。
したがって、科学的な真理は、つねに暫定的でしかありません。

特に、新しい非常識な考えが正しいかどうかを判定する確かな方法はない
と言っていいのです。

ただし、自問すべきいくつかの問いはあり、
より見込みのありそうな考えをふるいにかけるのに、役立ちます。


でも、あるものは、まったく検証不可能であったり、
「間違いであることを証明できないもの」だったりします。

そして、検証可能な奇妙な考えの、
その圧倒的多数は、単純に間違っています。
偉大で、革命的なブレイクスルーをもたらす画期的な理論一つに対して
何千というトンデモ科学が、存在しています。

残念ながら、
ある新しい考えが、どちらの部類に入るのかを決定できるのは
歴史をふり返って見たときだけでしょう。



ニセ科学は日本特有の問題ではなく、外国にも、結構あるようです。
ただし、ニセ科学にはお国柄があるのです。

 血液型性格診断はおそらく日本と韓国ぐらい。
「マイナスイオン」はアメリカではとっくに廃れてしまい、
現時点で広く信じられているのは日本だけ。
「ゲーム脳」は完全に日本独自のものです。
逆に「水からの伝言」は、日本から世界に広まりつつあります。

アメリカで最も深刻なのは、キリスト教右派による「反進化論」です。
教育現場への浸透が問題になっています。


なぜ人はニセ科学にだまされるのでしょう。
インターネットや科学を装ったテレビ番組の影響や
しつけや道徳との親和性の高さ
また、相関関係と因果関係の混同
思考のプロセスを重視しない風潮
などでしょうか。
 
ニセ科学が横行する背景には、漫然と広がる不安感があるのかもしれません。
不安材料に事欠かない世の中。
「これをしておけば一応、ダイジョーブだろう」的な、
緩い安心感を求めて、人はニセ科学に群がるのではないでしょうか。

信じることでプラス効果があるなら、
「信じる人の勝手」と放任しておけばいいでしょうが、
人に強要したり教育に使われたりしてはたまりません。

漠然とした不安は
スピリチュアルにはまっちゃう理由でもあります。
本物の科学の楽しさを知ってもらいたいものです。
ニセ科学よりも絶対に楽しいですから。

でも、「うさんくさい話」は、なぜか、興味をそそります。
「水からの伝言」も、科学的にまるっきり否定して、
ブラックホール送りにしてしまうには、もったいない感じがします。

昔、お盆のころに、お寺の和尚さんから得々と語られた
「地獄話」のように、
上手に使う知性と常識があれば、
別に目くじらをたてる必要もないのかも。

ただし、学校の道徳教材っていうのはヤバイでしょう。
「だからきれいな言葉を使おう」と指導する
生活科や道徳の授業が
教育現場に一時広がりました。


怪しい話は深夜の怪しい番組でやるのが、「健全な」楽しみ方でしょう。
うさんくさい話をみんなが笑い飛ばせる社会になるといいですね。



 【参考文献】

人はなぜ騙されるのか―非科学を科学する (朝日文庫)人はなぜ騙されるのか―非科学を科学する (朝日文庫)
(1998/11)
安斎 育郎

商品詳細を見る


なぜ人はニセ科学を信じるのか〈1〉奇妙な論理が蔓延するとき (ハヤカワ文庫NF)なぜ人はニセ科学を信じるのか〈1〉奇妙な論理が蔓延するとき (ハヤカワ文庫NF)
(2003/08)
マイクル シャーマー

商品詳細を見る


人はなぜエセ科学に騙されるのか〈上〉 (新潮文庫)人はなぜエセ科学に騙されるのか〈上〉 (新潮文庫)
(2000/10)
カール セーガン

商品詳細を見る


カルト資本主義 (文春文庫)カルト資本主義 (文春文庫)
(2000/06)
斎藤 貴男

商品詳細を見る


科学 2006年 09月号 [雑誌]科学 2006年 09月号 [雑誌]
(2006/08/29)
不明

商品詳細を見る



2008.05.10.Sat

宇宙空間のスペースシャトル内で、
ブーメランを飛ばしたら、ちゃんと戻ってくるでしょうか?

宇宙空間と言っても、空気はあります。
どう思いますか?

ブーメランが戻ってくる仕組みには
重力も関与していると考えられていたため、
重力がほとんどない宇宙で
ブーメランは地上と違う動きをすると予想されていました。
土井さんは飛行中、
ブーメラン実験について「ちゃんと戻ってきた」との
メールを地上に寄せていましたが、
どのような軌道を飛んだのかは明らかにしていませんでした。

このたび、その実験映像を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開しました。


土井さんはブーメランを3回投げ、
回転が遅くなっても落下せず、いずれも手元に戻ってきています。


土井さんは紙のブーメランを投げる前に
翼の角度を調節。
右手で投げると、ブーメランは地上と、
ほぼ同じような弧を描いて土井さんの手元に戻っています。

土井さんが投げたブーメランを作ったブーメランの世界チャンピオン、
栂井(とがい)靖弘さん(36)=大阪府在住=は、
「回転が遅くなっても、落下せずに手元に戻っていた。
レールの上を走るような宇宙独特の飛び方だ」と話しています。

ブーメランの飛行原理は、下記のサイトがわかりやすいです。
http://www.rangsjapan.co.jp/boomerang/yomimono/genri.html


2008.05.10.Sat

「学研のおばちゃん」と学研のフロク 

学研が、訪問販売を撤退含め見直しだそうです。

学研は少子化などの影響で
08年3月期連結決算が21億円の営業赤字になる見通しで、
赤字の月刊誌、小学生向け雑誌教材「学習」の廃刊を
検討していることを明らかにしました。

小学生向け教材の「科学」「学習」などの家庭訪問販売についても
撤退を含め見直すそうです。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000025-maiall-soci

現在2万人弱のセールスレディーは順次削減し、
書店販売、通信販売は続けるという。

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000708

学研のおばさんと言えば、それまで
学校、または学校の近所・学校指定の文房具店で売られていた
『科学』と『学習』が1972年に家庭直販に切り替え、
代わりに、セールスレディーが設けられたものです。

それが通称「学研のおばさん」です。
CMでも「学研のおばさんまだかな~」という曲は
“みなみらんぼう「まだかなソング」”といい、
2004年に発刊された『大人の科学マガジンVol.6』に
その曲が入ったソノシートがついていました。

私も、学研の科学に育てられた年代で、
特に、フロクは楽しみでした。


特に、太陽の光を焦点に集めて、紙を燃やすことができるセットは、
至ってシンプルなのに、人気がありました。
今の小学校では安全上の理由から、
虫メガネを使って紙を燃やす実験などはしていないそうですが、
子供にとっては面白い実験の定番ですよね。

また、顕微鏡シリーズもお宝でした。
ふろくなのに、1965年には既に100倍の倍率で見られるものがついていました。
その後、鏡筒(顕微鏡ののぞくところ)を上下させられるものや、
観察ケースのついたもの、
小型のものや、対物レンズがついたものなど、
時代ごとに発展・変化を遂げています。


また、反射式の凹面鏡も面白かったです。
凹面鏡とは、反射面が凹面になっている反射鏡で、
光源の集光や、反射望遠鏡・投光器などに利用されています。
これでも太陽の光を集め、紙を焦がすことができました。
その後、目玉焼きができるほどのふろくもあったそうです。


それから、忘れちゃならない飼育セットがあります。
アリやエビを育てる生物のセット
花や草を育てる栽培のセットが、ふろくの定番にあります。

乾燥卵を水に入れるだけで孵化するもの。
お化けエビの飼えるセットや、
カブトエビやスズムシなどもありました。
アリが巣を作る様子を観察できるふろくは、貴重だと思います。


『科学』にはふろくの説明だけでなく、
さまざまな事象を紹介する記事が多数あります。
ふろくだけでなく、それを見て興味を覚え、
自分で実験する子供も多かったはずです。


モノづくりの楽しさを『科学と学習』に教わり、
さらに化学や実験、機械とより興味の対象は広がっていく……。

今の子供は「科学離れ」をしているというが、
こうした少年時代の楽しい記憶が、
エンジニアを作り、さらには日本の技術を育てていったのじゃないでしょうか?

そんな科学教育の原点とも言える
学研『科学と学習』の火が消えそうなのは、とても残念であり、心配です。
学研、ガンバレ!




2008.04.21.Mon





「Science For All Americans」が話題になってますね。

アメリカの底力って、すごいなあ。
いろいろ問題のブッシュさん時代でしたが、
もっと長い期間にわたって、国の力を高めるための、
すごい戦略を立てられるのが、アメリカです。


1980年代から推進中の科学教育改革プログラム"Project2061"というものがあります。


Project 2061は、理系支援NPOのAAASを中心として、
様々な分野の専門家を集め
国ぐるみで作成された一大プロジェクトです。
全アメリカ国民の科学的思考力を増進するための
76ヵ年計画を米国全土で展開するとっても戦略的で具体的なプランです。



Project 2061ではまず、Science for All Americansという報告をまとめ、
「科学」とは何か、
そして国民が身に付けるべき「科学力」とはどういうものであるか、
について徹底的に分析しています。



その最初の言葉にこう書いてあります。


(注意 これは、科学哲学の専門書ではありませんよ。
アメリカ国民がみ~んな身に付けなければならない、常識とされている言葉です。)


世界は理解可能です。
科学的認識は変化するものです。しかし
科学知識はすぐには使い物にならなくなったりしない。
科学は全ての問いに答えられるわけではない。



さらに、科学の性質として


科学は証拠を必要とします 。
科学は論理とイマジネーションの混合物です。
科学は説明と予測を与えてくれます。
科学は権威をかさにはきない。
科学は社会的なこと関連しています。



まるで、科学寅さんが、しゃべってるみたいですね。
すごいと思いませんか?



現状分析については、こう言っています。
生翻訳なんで、こなれてませんが、こらえてください。



我が国は科学技術分野における能力に(さらにはリーダーシップに)
国家の将来の幸福を意図的に賭けている。
従って、この注力が、現代的で確固とした基盤を持つ、
高い能力を持つ教師と管理者が配置された学校システムの形で現れることに期待するのは当然のことである。



ふむふむ、科学は大切だと。


ほとんどの小学校教師は、科学・数学に関する初歩的な教育すら受けていない。
そして中学、高校の理数科教師の多くは、
これらの分野で用意された合理的な基準を満たさない。




エ、そんなにヒドイの?


科学と数学の教師は、たとえ彼らの準備がどれだけ素晴らしかったとしても、
立派に務めを果たすことがほとんど不可能になるほどの壊滅的な授業負担を持つ。
この重荷は、彼らをバックアップする近代的なサポートシステムがほとんど存在しないことによって悪化している。
世界は21世紀に近づいているが、アメリカの学校は(人員、時間、テクノロジーの配備に関しては)未だ19世紀に止まり続けているように見える。



キビシイですね。


現在の科学の教科書と指導法は、
手助けからはほど遠く、
現に科学リテラシーに向かう進歩をしばしば妨げる。
疑問の探求よりも答えの習得を、
批判的な思考の代わりに記憶力を、
文脈理解の代わりに情報の断片を、
議論よりも暗唱を、
行動よりも読書を重視する。

学生の共同作業や、知識や情報の自由な共有や、
知力を広げるための最新の器具の使用を促すことができない。




理数科目における現在のカリキュラムは、詰め込み過ぎで栄養不足である。
これらのカリキュラムは数十年にわたってほとんど制限を受けずに肥大化し、
結果として教師と生徒を圧倒し、
どの科学、数学、テクノロジーが真に重要かを彼らが把握し続けることを困難にした。
いくつかのトピックは不必要な詳細にまでわたって何度も繰り返し教えられる。
その一方で、科学リテラシーと同等以上の重要性を持つトピック
(主に物理学や社会科学、テクノロジーに関するもの)は、
カリキュラムに存在しなかったり、ほんの少しの学生しか登録しなかったりする。




ん~、泣けます。


世界は特権階級のみならず、
あらゆる人々にとって科学リテラシーが必要となるように変化した。
そして科学教育は、これを可能にするために変わらなければならない。
我々は皆、教育における現在の嘆かわしい状況に責任がある。



そして提言として


学校がますます多くの内容を教えるよう依頼される必要はなく、
むしろ科学リテラシーに不可欠な内容に焦点をおき、
より効果的にそれを教えることが必要だということである。
したがって、一般的な学習の中核要素に関する評議会の提言は、
これを科学リテラシーに対して最大の科学的・教育的重要性を持つ考えや技術に限定することである。


と言っています。


日本の子どもたちこそ、将来直面する問題を考えると、
アメリカ人以上に科学リテラシーが必要ですよね。
改革を頑張りましょう。



2008.04.20.Sun







本当の実力のある科学者の実像は、どんなものだと思いますか?


きっと研究や勉強の話ばかりで堅い人たちだと思われるかもしれません。
しかし、少なくとも、ファインマンさんは違います。
彼は、イタズラをやり続けた人だ、と言えると思います。

2006-12-28-2010-05.jpg


「ご冗談でしょう、ファインマンさん」〈上・下〉 (岩波現代文庫) (文庫)



R.P.ファインマンは1965年にJ.S.シュウィンガー、朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を授賞した天才的な物理学者です。


この本は、R.P.ファインマンという人生を楽しむ天才から我々への贈りものです。



自分の興味あるものに取り組み、自分の生きたいように生きた人だと感じられます。
人生を本当に楽しんだ人だと言えるでしょう。
私の人生もかくありたい、と思わされます。

2006-12-28-1927-58.jpg


「これからはそれこそ娯楽のために、『アラビアンナイト』を読む調子で気の向いたときにその価値なんぞぜんぜん考えずに、ただ物理で遊ぶことにしよう。」
著者がノーベル賞をもらう発見をしたのはこの後のことです。



私たちが、「努力」とよんで歯を食いしばってやることを、
難しい面倒だといってあきらめてしまうことを、
この人は眼をきらきらさせて、おもしろい!といって、笑いながらやってのけます。

SANY0080.jpg



学習論としても、ハッとすることを気づかせてくれます。


物事は暗記ではなく、理解することによって学ぶこと。
人がどう思おうと、ちっとも構わないということ。
驚異の心をもたない人間は、消えたろうそくも同然だ、ということ。
とにかく何かにアッと驚き、なぜだろう?と考える心を失わないこと。
そして、いいかげんな答えでは満足せず、納得がいくまで追求すること。
さらに、わからなければわからないと、正直に認めること。



まとめると、
・実例の大事さ(現実にありえない例はムダ)
・暗記ではなく内容を理解すること
・質問すること
と言えるでしょう。



もちろん、知的好奇心を持つということは、チンケな超常現象に対して
無条件に、かたっぱしから、「心を開く」ことではなく、
事実へ対する愚直なほどの誠実さ-科学的懐疑精神-によってこそ、
本当に価値をもつのだ、ということも言っています。

科学講座039


彼はいつも言います。
「ファインマンと聞いたとたんに思い出してもらいたいのは、
ノーベル賞をもらったことでもなければ、理論物理学者であったことでもなく、
ボンゴドラムでもマンハッタン計画でもない。
僕が好奇心でいっぱいの人間であったということ、それだけだ」



「なぜだろう?」といつも好奇心いっぱいの子どものように世界を見て、
いったん好奇心をひかれたらそれに夢中になり納得のいくまで追求する。



一切の虚飾と権威を嫌い、
相手がそれをかさに着ているとみるや容赦しませんでした。
それは、そのような態度が、
楽しいはずの真実の探求を邪魔する厄介なものだったからです。



まさに、学校教育が、科学的精神の育成を妨害していることを
鋭く突いています。



ブラジルの国立研究所に滞在した彼は
「教科書を丸暗記するだけ」の物理の大学教育に業を煮やし、
ブラジルの「お偉方」の大学教授たちの前で
「この国では科学教育が行われていない」と言い放ちます。




またあるときは、学校教科書の選定委員としてすべての教科書に目を通し、
教科書の内容が科学的誠実さを欠いているのを真剣に怒り、
他の委員たちと闘ったりします。

画像 002



「諸君に第一に気をつけてほしいのは、決して自分で自分を欺かぬということです。
己れというものは一番だましやすいものですから、くれぐれも気をつけていただきたい。」
科学者という職業がどんなものかを教えてくれる一冊。




自分の将来に興味を持ち始めた子どもたちに、
学校で教えてくれる科学の世界とはずいぶん違う世界を垣間見せてくれる
寅さんオススメ、一等賞の本です。
現代の「ろうそくの科学」かもしれません。





2008.04.19.Sat







科学って、本当は「学力向上」とは関係ないんです。
知識を覚えることでもないのです。
もちろん、技術を覚えることでもありません。


じゃあ、何をするの?
この世界に対して、問いかけること。
そこで見つけた法則を使うと、
未知の現象を正しく予言できるようになる
魔法使いのような感激を味わうこと。


もう一つ、大切なこと。
この世の法則は多数決では決まらないことを実感すること。
どんなにアホな意見でも、素朴な疑問でも、
安心して発言できるって体験をしたことがありますか?
きっと勉強嫌いな子でも
「学問の楽しさって、本当は、こうだったんだあ。」って
なってくれるでしょう。


そして、意見の違う
ちょっと変わった友達こそ、お宝だと実感するでしょう。


科学は、人と人とをつなげるもの。
そして、子どもたちは、「つながる」ことが無条件に大好きなんですね。
だから、子どもたちは、科学が好きだとも言えます。


子どもたちは、本当に尊敬に値します。
だって、子どもたちは、いつも本質を観るからです。
決して派手な演出にだまされません。


そうではなくて、世界観をくつがえすようなこと、
少なくとも、常識を揺さぶるエネルギーをもったものを求めています。
それは、いわば哲学を広げたり、深めたりするもののことです。


子どもが求めているもの
それは、自分の世界に、新しい光を与えてくれるものなのです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。