フーテンの科学寅さんの第2ブログです。
s-137_3782.jpg s-138_3825.jpg
s-137_3777.jpgs-138_3818.jpg

フーテンの科学寅さんのヒミツの予定表です。
 a_ilst003.gifでも、優先順位は、科学実験教室ができることですから、ご相談ください。
me-rulogo1.gif
--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.21.Wed

昨日に続いて、自分の(特に教師の)科学観をチェックする問題です。

これらの問題は、、仮説実験授業―授業書ばねと力によるその具体化
(板倉聖宣)の「教師の科学教育観の実態」
からの抜粋引用、編集です。


<問題2>

2つの入れ物の中に、水が50ccずつ入っています。

この水を合わせると、その体積はどれだけになるでしょう?



こういう問題を出したところ、子ども達は、みんな正しく
100ccになると答え、実験の結果もその通りになりました。

そこで、先生は、また、
「この実験からどういうことが分かったでしょうか?」

とみんなに聞きました。

すると、これまた、次のようにいろいろの答えがでてきました。
このうち、一番良いと思うものに、◎
これでも良いと思うものに ○
これはいけないと思うものに ×
をつけ、このほかに、もっとよい答えがあると思ったら
オの「      」の中に書き加えてください。


ア: 「水50ccと水50ccを加えると、100ccになる」というこが分かった。
イ: 「二つの入れ物に入った水を加えると、もとの水の体積を加えたものになる。」
   ということが分かった。
ウ: 「2つの入れ物に入った液体を加えると、もとの液体の体積を加えたものになる」
   ということが分かった。
エ: 「どんなものでも、2つのものを加えると、もとのものの体積を加えたものになる」
   ということが分かった。
オ: 「       」


以上です。



<解説>

読んでいただければわかるように
先日の、問題1の答え アと、今日の問題2の アは
実験結果そのものを表現したものです。

それに対し、問題1の イ、そして問題2の ウやエは、
その実験結果をぐっと広く一般化して答えたものです。

そして、問題1の ウ、 問題2の イは、
それらの中間的な答えです。



問題の解釈には、3つのタイプがありえることが分かります。

一つは、
その実験事実を(正しい限り)できるだけ一般化して
答えるべきであって、
実験事実そのものを答えるべきでない、という考え。

これを「一般化型」と呼ぶことにします。
この考えの先生は、問題1で言えば、イに◎、アに×をつけるでしょう。



二つ目は、
しかし、それとは、正反対に、
ただ1つの実験事実だけからそれを一般化して

「どんなものでも・・・・・・」とするのは
実験事実を重んじない考え方であると考え、
「科学教育ではできるだけ経験事実をこえて
独断におちいらないように、
実験事実に即した考え方を指導するのが正しい。」

とする考えです。
この考えを「経験主義型」と呼んでみます。
このタイプの先生なら、イに×、アに◎となります。



しかし、また、上のような考え方は、どちらも極端なものだと考え、
「実験事実をみたら、それを一度に一般化すると
あやまりに陥ることがあることに警戒させると共に、
実験結果を適度に一般化させるように指導しなければならない。」
という考える先生もいらっしゃるでしょう。
ウに◎をつけ、他を○、か、×をつけて答えた先生です。
「中庸型」とでも申しましょうか。


実は、これらは、
その人の科学観・教育観と深くかかわってくるのです。

さらに、タイプを分けると
「これはいけない考えだ」といずれかに ×をつけた先生を
「厳格型」
どれにも×をつけなかった人を「寛容型」
中間で迷ってしまって、無記入の「躊躇型」

という分け方もあります。


さらに、さらに、上記のどれにも属さない、独自に考えもあります。
これを「中立型」とよんでみます。

それを先ほどの、「経験主義型」「一般化型」「中庸型」
とでマトリックスを組むと、面白い事実が見えてきます。

何と、どの学校でも、
わずかな先生の数なのに、
ほとんどあらゆるタイプの科学観・教育観の持ち主がみられるということが
調査からわかっています。


ふつう、一般化型を多いようですが、
その半数近くは、経験主義型をとるようです。

また、厳格型も多いのですが、
これまたその半数近くが、寛容型をとります。


このように、今日の先生の科学観や教育観は、
まったくマチマチだというのが実態なのです。


つまり、このことは、子どもたちが、
どの教師に学ぶかによって、
全く正反対の教育方針によって教育されるということを
示しています。

あるクラスの子どもは、アのように答えて、ほめられ
他のクラスでは、同じ答えに、×をつけられるのです。



では、どう考えるのが、科学教育では適当なのでしょうか?
筆者の板倉聖宣先生は、どう考えておられるのでしょうか?

明日に続きます。
スポンサーサイト


2008.05.20.Tue

理科の実験をした後で、ふつうは、
くどくどと、解説や講義が続きます。

これは、あまりに当たり前すぎて、
疑問のかけらも、無いように思う方が多いと思われます。


しかし、これが、理科離れの原因の大きな部分だったとしたら
どうでしょうか?

従来の授業方法が、いかに「おしつけ」であり、
おしつけ教育観に基づくものであるのか、
気づく良い素材があります。


ここに、教師の科学観・教育観をチェックするのに、
面白い、問題があります。

トライしてみませんか?


<問題1>

ここに、赤い積み木と黄色い積み木があります。
赤い積み木の重さは、100g。
黄色い積み木の重さは、50gあります。

そこで、赤い積み木の上に、黄色い積み木を
積み重ねて、
計りに載せたら、何グラムになるでしょう?

もちろん、150gですね。

そこで、この実験を子どもたちにさせたあとで、
先生が
「この実験の結果から、どういうことがわかるか、
ノートに書いてごらん」

と言って、一人一人に発表させました。

以下は、その代表例です。

この答えのうち、一番良いと思うものに、◎
これでも良いと思うものに、○
これではいけないと思うものに、×
をつけてください。

このほかに、もっとよい答えがあると思ったら
エの「    」の中に、書いてください。


ア: 先生が赤い積み木の上に黄色い積み木をのせたら
   150gになった。
イ: 「どんなものでも、2つのものをあわせたものの重さは、
   もとのものの重さを足したものになる」
   ということが分かった。
ウ:「積み木と積み木をかさねて重さをはかると、
  2つの積み木の重さを加えたものになる」
  ということがわかった。
エ:「           」


以上です。

第二問は、明日。

あくまでも、これは、自分の教育観をみつめることが目的です。
明日以降の問題も、答え自体は、ばからしいくらいのことです。

私の今日の第一ブログ「科学はイタズラだっちゃ」にも書きましたが
こどもをみるまなざしのおそろしさ
教師は意識する必要があるでしょう。

次回に、第二問と合わせて、この問題の「解説」も書きます。
ぜひ、ご覧になってください。



ところで、話は変わりますが、自立学習を支援する教材を見つけました。

自宅学習教材の決定版と言えると思います。

(寅さんのやり方とは、ちょっと違いますが
ノーマルな正攻法だと思います。)


「塾に通わせても、家庭教師をつけても成績は上がりません。」
と、現役プロ家庭教師のYuki先生が言っています。

塾や家庭教師は成績アップのための「手段」にすぎないのにもかかわらず、
塾探しや家庭教師探しに必死になっている保護者の方が多すぎるそうです。

成績UPの本質は「自宅学習」。

その証拠に、Yuki先生は中学時代、自宅学習のみでオール5を達成したそうです。
ほんとですよ、このサイトにオール5の通知表が掲載されています。


    今すぐチェック
   ↓ ↓ ↓
 






今回、Yuki先生が自宅学習用の教材をまとめたのですが、
今までの教材とは一味違います。

なんと、マニュアルだけではなく、
動画で直接、勉強のようすを見せてくれます。

それはつまり、あなたとお子さんが、
勉強の具体的な動きを実際に目撃できるということです。

それを真似するだけで、次のテストから結果に反映されるとしたら、
一度見てみたくないですか?



 






6月15日まで先行販売をやっていますので、
早めに手に入れて、次のテストに備えた方がいいと思います。



この教材の理念は、子供の勉強における「自立の支援」です。
いま、自分ひとりで勉強できない子が本当に多いです。

塾に通ってもやりっぱなしだから成績が伸びない。
家庭教師をつけてもその時だけしか勉強しないから成績が伸びない。

そして中学生の保護者の方も、
塾にしたらいいのか・・家庭教師にしたらいいのか・・・

と、「手段」に翻弄されてしまい、
「自主学習」という本質を見失っています。

自分の手を動かしてノートに「書き」、
自分の頭を使って「考える」ことをしない限り成績は伸びない。

つまり、最終的には自分で主体的に勉強に取り組み、
自ら考えることをしていかないと、

勉強ができないとか、高校受験で落ちるとか、
そういう小さな話ではなく、

自分の力で人生を切り開くことが出来ないのではないかと
本気で心配しています。

何の知識も無く、自分で考え・判断することすらできない。
これではつらいですよね。

中学を卒業し、
高校生になってからでは手遅れだと個人的には思っています。

いま勉強に悩んでいる中学生たちも、
初めから勉強嫌いだったわけではないと思うんです。

いつからか勉強ができなくなり、気付けば自分ひとりではどうにもならない
という状況になってしまい、失敗の積み重ね。

でも心の奥底では、

「勉強できるようになりたい。」という気持ちが少なからずあるはずです。

それなのに、現実問題として、どうやって勉強していけばいいのか
わからないから身動きがとれない、

前進できない、という生徒があまりにも多いのです。

ですから、彼らのために、今回勉強の仕方を体系的にまとめました。

この教材の肝は、2時間49分にも及ぶ動画です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この中で語られていることを1つでも取り入れてくれれば、
次の定期テストからさっそく成果に表れると思っています。

全国の勉強に悩んでいる中学生、
そしてその保護者の方たちの手助けにも、

ぜひ、一度ご覧になってみてください。






 


2008.05.16.Fri

先生が、生徒に、
「積極的に発言をしなさい。」
と指導します。

すると生徒は、
「そうだな、積極的に発言することが人生で大切なんだな。」
と、学ぶでしょうか?


中には、そのように、素直に受け取る子もいるかもしれません。
しかし、ほとんどの子は、逆の学びをします。

「思いつき発言をすれば恥をかく。」
「自由に発言をしても得にはならない。」
「積極的に発言しろという大人のには、裏があるものだ。」

などでしょう。

これらは、言葉の字面ではなく、
日常の先生の態度や表情から、強く感じて受け取るものです。

または、否定はしないけれど、
発言することによって、おもしろくなった経験が無いこと
ドキドキ・ワクワクする経験をしないこと
などの消極的な体験が、
子どもの積極性や考える力をを
まっすぐに伸ばしていないことがしばしばです。


それらは、あえて言えば「マイナスの学び」なのです。


子どもたちは、大人がこういうことを学んで欲しいと、
期待している内容以外に
様々なメッセージを、環境から受け取っています。


先生がしゃべる言葉の意味を、
「表の教え」とすれば
言葉を使わない、無意識に近い形で
子どもたちに送られるメッセージは
「裏のメッセージ」「隠れた教え」と言えるでしょう。


これは、先生の行動だけでなく
教室の机の配置や、展示物の内容、スタイルなども
みんな声なき声を出しているのです。


たとえば、生徒が間違った発言をしたとき、
どんな顔つきを、教師がするのか。
これ自体が生徒にとっては、重要なメッセージになります。


また、どんな声で話すのか、
情熱的に話すのか、
淡々と話すのか、
面倒くさそうに話すのか、
冗談をたくさん言うか、

どういうときに、ほめ、
どういうときに叱るのか、
生徒が脱線したとき、どう受け止めるのか、

教師がいつも正解を教えているのか
生徒に発見させるようにしているのか、

黒板の前だけで授業をするのか
生徒の中に入って授業をするのか


これだけでも、実に多くの違ったメッセージを
生徒に与えているわけです。


そして、生徒は、これらに実に敏感です。
このメッセージに共感したり、反発したりしながら、
生徒は自分の行動を決定しているのです。



そして、しばしば、表と裏のメッセージは異なります。
それが、教師不信に陥らせます。

たとえば、ふだん生徒に決定権を与えないで
教師主導でことを進めている先生が
「民主主義とは、・・・・・・P.」と教えた場合
子どもは、一体、何を学ぶのでしょう。

逆に、「民主主義」という言葉をいっさい教えなくても
授業で疑問をもった子どもがいrたら、
その疑問を徹底的に大事にして、みんなで納得するまで追求するとか
座席は生徒が決めるのが本当だと、
小学校1年から、座席をみんなで決めるような教室運営をしている場合
生徒たちは、何を学ぶでしょう。


また、権威主義的教育をしている教師
人権について教える場合、
子どもは何を学ぶでしょう。


科学というのは、自発的な自分のアタマで考える探求の仕方だよ
と説明しながら、
授業では、一方的・暗記的な教え方をしている場合、
子どもたちは、何を学ぶでしょう。


これまで、授業研究と言うと、
教科内容、すなわち、表のメッセージの研究に終始していたように
思います。

しかし、この隠れた教えの方が、実は、子どもの学習態度や
考える力に直接結びついているのですから
この裏の研究にもっともっと力を注ぐべきだと思うのです。

少なくとも、今、自分は何を発信しているのか、
自覚しようと努力したいものです。
(でも、なかなか、自分では自分のメッセージに気づけないものですが)


2008.05.14.Wed

先日書いた、ごまかし勉強では、
直近のテストで高い点数を取ることのみに、関心をもちます。

ですから、テストの出ることが予想される内容のみを暗記しようとします。

得点に結びつかないムダなことは、
できるだけ、タッチしないように、という姿勢になります。

まず、教材は教科書の範囲に限定されます。

辞書や辞典、資料集、参考書、読み物などのように、
興味関心に応じて、教材を広げることはしません。

揃える参考書も、解説の一切ない要点集が好まれます。


さらに、その内容も、
他の単元との関連や、他の分野との関連、
因果関係、用語の意味、背景、
日常生活への応用、他の解決法、
類似の探索など、
余計なことは、できるだけ関心をもたないように努めさせます。

いわゆる「思考の経済化」とでも言うのでしょうか。

でも、これも、自分が戦略的に考えて、重要度をつけたのか、
他人のアタマで絞り込まれたものを、
鵜呑みにしているのかで、さらに、意味合いが違います。

とにかく、自分の判断を通さずに、限定するのが、
ごまかし勉強の特徴です。

だから、暗記材料も、自分で作ろうとしません。
先生か、出版社が作ったものを、そのまま使うことになります。



それに対し、本当の学習は、これも、教科書からスタートするにしても、
教科書は、発展させるための、必要最低限の記述だと考えます。

だから、教科書をすべて読んで理解するのは当然で、
さらに、自分なりに意味を考えたり、
日常での応用を考えたりします。
範囲の発展拡大が行われるのです。

ごまかし勉強では、学習エネルギーを減らそう、減らそうと
努めるのに対し、
本当の勉強では、心を込めようというエネルギーが働くのです。
当然、自然に範囲が広がります。


そもそも、学習は、知的好奇心を満足させ、
考える力をつけ、日常に役立てるためにするものです。

テストは、単なる学習の結果の測定に過ぎないのです。


これらの意味で、「総合的な学習の時間」が導入されたのですが、
これは、学習範囲の拡大を目指す、正統派の学習に戻そうという
目的であったことは、間違いありません。


どんなに良い形を作っても、魂が入っていなければ、
むなしいものだったということでしょう。


2008.05.11.Sun

血中の総コレステロール値が低い人は
死亡リスクが高いことが、
浜崎智仁富山大教授、大櫛陽一東海大教授らの研究で分かったそうです。

特に男性の場合、総コレステロール値が高いほど
リスクが低くなる傾向がみられたのです。

大櫛教授らの別の疫学調査では、
「悪玉」とされるLDLコレステロールでも同様の傾向がみられたそうです。

浜崎教授は「コレステロールを悪者にする説はもともと米国から来たもの。
米国は心臓疾患や肥満が多く、体質が違う。
不必要な人まで薬物治療の対象になる」と懸念しているというもの。

だとすると、今までのコレステロールをめぐる努力は、
一体何だったのか?

この報道も含めて、冷静に、マスコミは、取り上げて欲しいものだと思います。
 
水はなんにも知らないよ水はなんにも知らないよ
(2007/02/25)
左巻 健男

商品詳細を見る



という本があります。

 著者は、水に「ありがとう」という文字を見せて凍らせると美しい結晶ができ、
「ばかやろう」という文字を見せると汚い結晶しかできないと主張する説
すなわち『水からの伝言』に
批判の声を発した有志の一人。

本書の前半は、その「水伝」(波動水)をはじめ、
磁化水・πウオーター・トルマリン水・クラスターの小さい水など、
いかがわしい「水商売」の宣伝がニセ科学であることを明らかにし、
後半は人体と水・水道水・ペットボトルの水など、
身近な水に関して誤解を解きつつやさしく説いています。


成人の科学知識が経済先進国では最低レベルの日本。
オカルト系ニューエイジに親和性が強く、
その弊害に鈍感なわが国には「必要とされる好著」かもしれません。
  

超音波で蚊よけ、マイナスイオンで燃費向上など、効果に科学的な裏付けがあるように見せかける「ニセ科学」商品が、昨年度は、56件排除命令を出されました。

科学のようで科学でない。
そんな話が、世の中にあふれています。
ニセ科学とは何か。
この問いは、「科学の本質とは何か」を探ることでもあります。


科学は、永遠に進行中の作業です。
したがって、科学的な真理は、つねに暫定的でしかありません。

特に、新しい非常識な考えが正しいかどうかを判定する確かな方法はない
と言っていいのです。

ただし、自問すべきいくつかの問いはあり、
より見込みのありそうな考えをふるいにかけるのに、役立ちます。


でも、あるものは、まったく検証不可能であったり、
「間違いであることを証明できないもの」だったりします。

そして、検証可能な奇妙な考えの、
その圧倒的多数は、単純に間違っています。
偉大で、革命的なブレイクスルーをもたらす画期的な理論一つに対して
何千というトンデモ科学が、存在しています。

残念ながら、
ある新しい考えが、どちらの部類に入るのかを決定できるのは
歴史をふり返って見たときだけでしょう。



ニセ科学は日本特有の問題ではなく、外国にも、結構あるようです。
ただし、ニセ科学にはお国柄があるのです。

 血液型性格診断はおそらく日本と韓国ぐらい。
「マイナスイオン」はアメリカではとっくに廃れてしまい、
現時点で広く信じられているのは日本だけ。
「ゲーム脳」は完全に日本独自のものです。
逆に「水からの伝言」は、日本から世界に広まりつつあります。

アメリカで最も深刻なのは、キリスト教右派による「反進化論」です。
教育現場への浸透が問題になっています。


なぜ人はニセ科学にだまされるのでしょう。
インターネットや科学を装ったテレビ番組の影響や
しつけや道徳との親和性の高さ
また、相関関係と因果関係の混同
思考のプロセスを重視しない風潮
などでしょうか。
 
ニセ科学が横行する背景には、漫然と広がる不安感があるのかもしれません。
不安材料に事欠かない世の中。
「これをしておけば一応、ダイジョーブだろう」的な、
緩い安心感を求めて、人はニセ科学に群がるのではないでしょうか。

信じることでプラス効果があるなら、
「信じる人の勝手」と放任しておけばいいでしょうが、
人に強要したり教育に使われたりしてはたまりません。

漠然とした不安は
スピリチュアルにはまっちゃう理由でもあります。
本物の科学の楽しさを知ってもらいたいものです。
ニセ科学よりも絶対に楽しいですから。

でも、「うさんくさい話」は、なぜか、興味をそそります。
「水からの伝言」も、科学的にまるっきり否定して、
ブラックホール送りにしてしまうには、もったいない感じがします。

昔、お盆のころに、お寺の和尚さんから得々と語られた
「地獄話」のように、
上手に使う知性と常識があれば、
別に目くじらをたてる必要もないのかも。

ただし、学校の道徳教材っていうのはヤバイでしょう。
「だからきれいな言葉を使おう」と指導する
生活科や道徳の授業が
教育現場に一時広がりました。


怪しい話は深夜の怪しい番組でやるのが、「健全な」楽しみ方でしょう。
うさんくさい話をみんなが笑い飛ばせる社会になるといいですね。



 【参考文献】

人はなぜ騙されるのか―非科学を科学する (朝日文庫)人はなぜ騙されるのか―非科学を科学する (朝日文庫)
(1998/11)
安斎 育郎

商品詳細を見る


なぜ人はニセ科学を信じるのか〈1〉奇妙な論理が蔓延するとき (ハヤカワ文庫NF)なぜ人はニセ科学を信じるのか〈1〉奇妙な論理が蔓延するとき (ハヤカワ文庫NF)
(2003/08)
マイクル シャーマー

商品詳細を見る


人はなぜエセ科学に騙されるのか〈上〉 (新潮文庫)人はなぜエセ科学に騙されるのか〈上〉 (新潮文庫)
(2000/10)
カール セーガン

商品詳細を見る


カルト資本主義 (文春文庫)カルト資本主義 (文春文庫)
(2000/06)
斎藤 貴男

商品詳細を見る


科学 2006年 09月号 [雑誌]科学 2006年 09月号 [雑誌]
(2006/08/29)
不明

商品詳細を見る



2008.05.10.Sat

マインドコントロールは、以下のような原理を利用しています。

まったく新しい環境に置かれると、
自分の経験よりも、自分が信用できる他の人間が経験したことを
優先して信じるようになります。


環境が変わった瞬間は、
人間はあらゆる考えを無批判に受け入れます。

そのうち、新しい世界の知識が積み重なっていくと、
すでに信じているものと、
新たに学んだこととの間に衝突が生じるようになります。

この時点ではじめて、人間は他人の言うことに対して、
懐疑的に考えるようになりますが、
カルトは教義に対する批判がなくなるよう、
巧妙に教育内容を調整します。


カルトの教義は、その世界の中では矛盾がありません。
リーダーに質問をしても、すぐに答えが返ってきます。
カルトのリーダーに答えられないような質問、
過去に別の信者が教義を疑うきっかけになった質問は
"タブー"とされ、それを聞くことは罰せられます。

教育する際は、意識して断定的な表現が使われます。
これには反対意見もある、といった情報は制限されます。

リーダーと信者の力関係は、
常にリーダー優位に調整されます。

不眠や恐怖、といったカルトの古典的な手法は、
リーダーを批判する気力を減らします。


一般的に、人は中間を認められないと、
意志決定を他人に委ねるしかなくなってしまう傾向があります。

権威を持った人に、
「君は米軍基地反対だろ?それを認める政府与党も許せんよな?
だから一緒に政府を打倒しよう!」
などととたたみ込まれると、なかなかNOとはいえないものです。



学校の生徒指導システムと、
カルトのマインドコントロールの手法は、よく似ています。


カルトは、信者以外の人間を敵視、軽視させます。
運動部はもちろん、受験競争でも、
他の病学校の生徒に対抗意識を持つよう、教育されます。

カルトは、教団組織への絶対服従を強制します。
先生やコーチ・監督へのくちごたえは、タブーです。

カルトは、教義に対しての批判的思考を否定します。
新人が上級生への"批判的意見"など行っても、
上級生はいちいち理由を説明しませんし、
生意気だと、干されてしまうのがおちです。

カルトは、これまでの人間関係や人生など、過去との断絶をさせます。
学生が、制服やユニフォームを着た時点で、
一般社会の常識が通用しない、独特の世界が始まります。

カルトは、信者の個性や自主性、プライバシーを否定します。
これも、新入生には与えられないものです。

カルトの世界観は、善と悪、光と闇のように二元論的です。
知識の十分でない上級生による教育は、
しばしば"こうすることが正しい"と断定的になります。

実際には反対意見もあったり、
中間的な立場をとる始動方法は必ずあるものですが、
経験の十分でない上級生はそこまでは教えられません。
これは、指導の先生にも言えます。

こうした傾向は、多かれ少なかれ、すべての学校であるはずです。

どちらかというと、「厳しい学校」「教育熱心な先生のいる学校」ほど、
こうした傾向が強くなります。


しかし、素直で、従順なよい子たちは、
心の中でショックを受けながらも、
早朝トレーニングから、夜の練習、また、補習授業と
寝る暇も惜しんで、自分の生活を無くして頑張ります。

そして、その学校や部活ごとの独特の習慣をマスターすることに
限りない喜びを感じるようになっていくのです。


こんなマインドコントロールせいで、
本当の自分が嫌いになってしまっている人が大勢います。

「今の自分は嫌いだ!」という方、

 なんというか、自分は本当はこんなんじゃないのに
 自分がうまくだせない!って
 歯がゆい自分に腹を立てていませんか?


 そのうえ周りを気にしてばっかりで
 カッコつけてみたり。
 周りを気にしすぎるあまりに、
 自分が無くなっちゃってませんか?

 本当の自分が感じたことを否定したり
 歯がゆい自分を責めてばかりいませんか?


 でも、本当にそんな自分のことが嫌いだったのでしょうか?


 本当の心の底では
 自分のことを大好きなんじゃないかって思います。


 「本当は自分はこうなりたい!」
 「こんなふうに思われたい!」


 そういう思いが強いからこそ、現実とは違う
 今の自分を嫌い!って思っちゃうんですよね。


 そう、心の底では自分が大好きなんです。
 大好きだから現実とのギャップに苦しむんです。

 自分を嫌いなんて言ってたら、益々嫌いになるだけだったんです。
 本当は自分に感謝しなきゃいけないのに...



 嬉しい、楽しい、美味しい、心地よい、気持ちいい、綺麗!などなど
 そんなステキな感覚を感じてくれるのは自分の心だけです。


 いくら人がそれを感じても、自分は感じれないですよね。
 いくら人が「これっ、いいよ!」と言うものでも
 自分はそう感じない場合だってたくさんあります。


 世界でたった一人だけが感じてくれる感覚
 それは自分の心だけ。

 「あ~、なんということでしょう!」
 そんな自分を嫌いだと言ってたなんて。
 自分に感謝しなきゃいけないのにね!


 じゃあ、どうすれば自分のことを大好きになれるのでしょうか?
 実はこれ、自分ではわかっていると思います。
 自分がなりたい自分になればいいんです。


 「自分って最高!!」
 って思える自分になれば
 心から自分が大好き!って言えると思います。


 そんなこと言ったって.....
 ですよね(笑)

 それができれば苦労してないですもんね。
 ではどうすればいいのでしょうか?


 はい、それは練習することです。
 なんでも練習するからうまくなりますよね。
 何も練習しないでうまくなる人っているのでしょうか?


 天才と言われる人ほど練習をしているそうです。
 あのイチロー選手だって、どれだけの練習をしてきたことでしょう。


 なりたい自分になっていないのは
 練習してなかっただけなんですね。
 学校では、そんなこと、教えてくれません。


 だから、自分を好きになる、
 なりたい自分になる練習を、自分でたくさんすることだと思います。


 たまたま練習してないだけですから
 けっして自分がダメ人間じゃないんです。


 「プロ野球選手になりたいのになんでなれないんだー!!」
 って、バットも振ってないくせに言っているようなものです。


 「モデルになりたいのになんでなれないのー!!」
 って、ぐうたら寝転んでばかりで言っているようなものです。


 自分を好きになる練習
 なりたい自分になる練習
 って楽しいものです。


 なぜって?
 過酷なスポーツの練習とは違って
 自分の感情が喜ぶことをすればいいからです。


 まずはカンタンにできることから
 自分を好きになるトレーニングをしてみましょう~



  ◇ご飯を食べて 「美味しい!」

  ◇綺麗なものを見て 「うわ~綺麗だ~!」

  ◇楽しいものを見て 「あ~面白い!」

  ◇心が洗われたような時 「あ~とっても感動!」


 って感じたら自分に感謝してみましょう。
 そう紛れも無く、自分が感じてくれたことなんですから

 感謝しなくっちゃ。

 「感じてくれて、ありがとう自分(^^)」
 それでいいんです。


 自分に感謝していると、それがトレーニングになります。
 自分の本当の心(潜在意識)は
 益々、感謝されたくなり頑張りだします。


 「じゃあ、嫌なことを感じたらどうすればいいの?」
 はい、そんな時は労って励ましてあげればいいんです。


 「こんな嫌な場面に連れてきてしまってごめんね」
 「でもそんな時でもじっと耐えてくれて、ありがとう(^^)」

 それで、いいんです。


 いつも楽しいことを感じてくれる自分です。
 感謝して、励ましてあげましょう。


 「なんか一人芝居みたいで大丈夫ですか?」
 「はい、大丈夫です」
 「誰も聞いていませんから(笑)」


 それは冗談ですが
 自分で思ったことは全て本当の自分の心が聞いています。
 いつでもどこでも聞いています。


 その繰り返しが幼いころからの自分の心をつくり
 感情を育て、行動となっています。


 ですから、自分が自然に心地よいと感じる言葉や
 元気が出る言葉をたくさん言ってあげましょう~♪


 間違っても「はぁ、自分ってしょうもない人間だ~」
 なんて言わないでくださいね。


 ぜ~んぶ自分はそれを忠実に聞いていて
 そう思い込みます。


 以前の私は、自分にそんなことばかり言ってしまってました。
 「ごめんなさい!自分」
 そのかわり今はたくさんいい言葉で自分に恩返ししていますよ~


 毎日のことです。
毎日、自分の栄養になる言葉をたっぷりあげましょう。
 そんなことから始めてみませんか?


 それがきっと自分を輝かせてくれます。
 楽しい、嬉しい、感情がいっぱいいっぱい育ちます。

 こんなふうに自分を好きになる練習をすることが
 自分の内面を磨いていくことになっていきます。

 誰でも自分の嫌いなところがいっぱいあるんです。
 だからこそ、自分を磨くトレーニングが必要ですよね!

 
 本当の意味で自分のことが大好きな人は
 人にとても優しく接することができると思います。


 想像してみてください。

 ◆いつも自信に満ち溢れ、堂々としているあなたの姿を。。。

 ◆人に優しいあなたは、キラキラと輝いて映ることを。。。

 「それって最高ですよね!」



 練習するのには効率的で早く結果が出るほうがいいと思います。
 一人で黙々と...というのもくじけてしまうかもですね。

 そんなあなたの自分磨きのお手伝いができる
 教材があります。


 癒されながら輝きだす”自分磨きトレーニング” は
 本当に自然なあなたの心に語りかけて
 ジュワ~と癒されながら自分が変わっていきます。


 自分らしく輝いて、自分のことが大好き!っていう
 嬉しい笑顔がたくさんたくさん溢れてくることを
 心から願っています。。。

人間関係に疲れてへこんだ心が甦る!
 ”じっくりジュワ~と癒されて”強い自信と勇気が湧きあがる☆
≪自分磨きトレーニングPDF+MP3音声ファイル≫





2008.05.10.Sat

宇宙空間のスペースシャトル内で、
ブーメランを飛ばしたら、ちゃんと戻ってくるでしょうか?

宇宙空間と言っても、空気はあります。
どう思いますか?

ブーメランが戻ってくる仕組みには
重力も関与していると考えられていたため、
重力がほとんどない宇宙で
ブーメランは地上と違う動きをすると予想されていました。
土井さんは飛行中、
ブーメラン実験について「ちゃんと戻ってきた」との
メールを地上に寄せていましたが、
どのような軌道を飛んだのかは明らかにしていませんでした。

このたび、その実験映像を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開しました。


土井さんはブーメランを3回投げ、
回転が遅くなっても落下せず、いずれも手元に戻ってきています。


土井さんは紙のブーメランを投げる前に
翼の角度を調節。
右手で投げると、ブーメランは地上と、
ほぼ同じような弧を描いて土井さんの手元に戻っています。

土井さんが投げたブーメランを作ったブーメランの世界チャンピオン、
栂井(とがい)靖弘さん(36)=大阪府在住=は、
「回転が遅くなっても、落下せずに手元に戻っていた。
レールの上を走るような宇宙独特の飛び方だ」と話しています。

ブーメランの飛行原理は、下記のサイトがわかりやすいです。
http://www.rangsjapan.co.jp/boomerang/yomimono/genri.html


2008.05.10.Sat

「学研のおばちゃん」と学研のフロク 

学研が、訪問販売を撤退含め見直しだそうです。

学研は少子化などの影響で
08年3月期連結決算が21億円の営業赤字になる見通しで、
赤字の月刊誌、小学生向け雑誌教材「学習」の廃刊を
検討していることを明らかにしました。

小学生向け教材の「科学」「学習」などの家庭訪問販売についても
撤退を含め見直すそうです。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000025-maiall-soci

現在2万人弱のセールスレディーは順次削減し、
書店販売、通信販売は続けるという。

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000708

学研のおばさんと言えば、それまで
学校、または学校の近所・学校指定の文房具店で売られていた
『科学』と『学習』が1972年に家庭直販に切り替え、
代わりに、セールスレディーが設けられたものです。

それが通称「学研のおばさん」です。
CMでも「学研のおばさんまだかな~」という曲は
“みなみらんぼう「まだかなソング」”といい、
2004年に発刊された『大人の科学マガジンVol.6』に
その曲が入ったソノシートがついていました。

私も、学研の科学に育てられた年代で、
特に、フロクは楽しみでした。


特に、太陽の光を焦点に集めて、紙を燃やすことができるセットは、
至ってシンプルなのに、人気がありました。
今の小学校では安全上の理由から、
虫メガネを使って紙を燃やす実験などはしていないそうですが、
子供にとっては面白い実験の定番ですよね。

また、顕微鏡シリーズもお宝でした。
ふろくなのに、1965年には既に100倍の倍率で見られるものがついていました。
その後、鏡筒(顕微鏡ののぞくところ)を上下させられるものや、
観察ケースのついたもの、
小型のものや、対物レンズがついたものなど、
時代ごとに発展・変化を遂げています。


また、反射式の凹面鏡も面白かったです。
凹面鏡とは、反射面が凹面になっている反射鏡で、
光源の集光や、反射望遠鏡・投光器などに利用されています。
これでも太陽の光を集め、紙を焦がすことができました。
その後、目玉焼きができるほどのふろくもあったそうです。


それから、忘れちゃならない飼育セットがあります。
アリやエビを育てる生物のセット
花や草を育てる栽培のセットが、ふろくの定番にあります。

乾燥卵を水に入れるだけで孵化するもの。
お化けエビの飼えるセットや、
カブトエビやスズムシなどもありました。
アリが巣を作る様子を観察できるふろくは、貴重だと思います。


『科学』にはふろくの説明だけでなく、
さまざまな事象を紹介する記事が多数あります。
ふろくだけでなく、それを見て興味を覚え、
自分で実験する子供も多かったはずです。


モノづくりの楽しさを『科学と学習』に教わり、
さらに化学や実験、機械とより興味の対象は広がっていく……。

今の子供は「科学離れ」をしているというが、
こうした少年時代の楽しい記憶が、
エンジニアを作り、さらには日本の技術を育てていったのじゃないでしょうか?

そんな科学教育の原点とも言える
学研『科学と学習』の火が消えそうなのは、とても残念であり、心配です。
学研、ガンバレ!




2008.05.09.Fri

教育とマインドコントロールの話に戻ります。

マインドコントロールというと、いかにも、荒っぽい手段に思えますが、
たとえば、北朝鮮のように、一般市民をいきなり拉致しても、
その人にマインドコントロールを施すのは大変です。

こうした行為は"洗脳"とも呼ばれていましたが、
捕虜の反抗心を減らすのに、
拷問や飢餓、眠らせないといった方法を用い、
反抗心を奪いました。
それでも、洗脳が完成するには何年もかかったといいます。


それと対照的に、
現在のカルト団体は、もっとスマートな方法を用います。

自己啓発セミナーは、洗練されたカルトのようなものですが、
ターゲットをソフトに勧誘、
あるいは自発的にセミナーに参加してもらった後は、
ターゲットが今まで経験したことがないことを体験させ、
日常の価値観を揺さぶるのです。

そして、ターゲットの人が、
いかに無力で価値のない人間であったかを、
"討論"や"グループワーク"といった方法で自覚させます。

その後、軽い"修行"でターゲットも組織の役に立つことを示し、
カタルシスを与え褒め称えます。

そんな時に、"修行"を積んだ人間による奇跡を見せ、
自分も将来こうなれることを納得させる・・・・・・

とまあ、そんな研修を3日程度のコースでやります。
個人差はありますが、
上記のようなコースを経験した人は、
今までの価値観が壊され、
カルトの望むような思想を受け入れやすい状態になると言われます。

この部分は、マインドコントロールの入り口にあたる部分でもあり、
各カルト団体がもっとも力を入れているところです。

この後、カルトはこうした人を世間から隔離し、
本格的なマインドコントロールに入るのです。


考えてみると、
中学校の部活などは、こういったマインドコントロールの
虎の穴のようじゃないでしょうか?

小学校から進学してきた1年生は、
自分の世界がまったく違ったものになったことを体験します。
そして、小学校までの自分が、まったくクラブの役に立たない自分に
ショックを受けます。

怒鳴られたり、正座したり、大声を出したり、
口答えをせずに、働く体験は、感情を揺さぶられます。

1年上の上級生がシュートを打ったりするのも、
新入生から見れば立派な"奇跡体験"です。

こうした過程を通じて、1年生は、
マインドコントロールを受け入れやすい精神状態に
どんどんなっていきます。



2008.05.09.Fri

子供の学力低下の主要な原因
それは、「ごまかし勉強」が広がったせいではないか?

なぜかくも「ごまかし」が広がったのか?

家庭、学校、教育産業がどうかかわっているか。
この「ごまかし勉強」のおそるべき実態に迫った本が

これです。


ごまかし勉強〈上〉学力低下を助長するシステムごまかし勉強〈上〉学力低下を助長するシステム
(2002/03)
藤澤 伸介

商品詳細を見る

この上記の本で、「ごまかし勉強」の5つの特徴が、挙げられています。

1.学習範囲の限定
2.代用主義
3.機械的暗記志向(暗記主義)
4.単純反復志向(物量主義)
5.家庭の軽視傾向(結果主義)

このうち、3~5は、

認知カウンセリングから見た学習方法の相談と指導認知カウンセリングから見た学習方法の相談と指導
(1998/07)
市川 伸一

商品詳細を見る


これに登場する
1.暗記主義
2.物量主義
3.結果主義
と全く同じです。

これも、当ブログの大きなテーマだと思います。


2008.05.08.Thu

今日は、第1ブログの「科学はイタズラだっちゃ」と同じです。
お許しください。

昨日、ちょっと、面白くないことがありまして、
ふくれっ面のまま、学校に登校してしまいました。

このままじゃ、生徒に合わせる顔がない。
こういう時、私は、
ステージに立ったイメージを作ります。


ふつう、先生は、あんまり見てくれに注意をしないようです。

せいぜい、ファッションや髪形、マナーには注意しても、
表情にまで気を配る先生は少ないようです。

しかし、豊かな表情は子どもたちに計り知れない好印象を与え、
指導する上での強力な武器になるのです。

豊かな表情づくりを研究してみてはいかがでしょうか?

世には、いろんな笑顔教室があります。

実際、笑顔研修を行った会社の中には、
売り上げが半年で2.5倍に急増した店や、
クレームが3分の1に減った企業など
ズバ抜けた成功事例が多いのです。
笑顔になるだけで、驚くべき成果が上がっているんです。

何と費用対効果の高いこと。



しかし、「笑顔になるだけで、そんなに大きな成果が出るわけはない」と
反発する人も多いものです。

でも、笑顔をしても、成果が現れないのは、
笑顔のつくり方が間違っている場合が多いようです。


真剣勝負のビジネスでは、笑顔のわずかな巧拙が、
成果を大きく分けるのですから、真剣です。
「薄笑い」のような低レベルの笑顔では、成功はおぼつかないのです。


「ヨン様スマイル」は、やはり一つの理想のようです。

ヨン様のこぼれるような笑顔は、
非常によく研究された、
笑顔の理想形なんだそうです。

口角(唇の端)が上がり
上の歯が10から12本見えています。
こんな笑顔が習慣になれば、
教育でも、ビジネスでも、
もちろん恋愛でも、きっとうまくいくはずです。

笑顔教室の先生は、
笑顔に影響力を持つのは、
「口→眉→目元」の順番だと言います。

口角をしっかりと上げ、上の歯をできるだけ見せることが、
最も分かりやすい笑顔の「サイン」となるんだそうです。

口角を上げるだけで、人間関係が良くなったり、
売り上げが上がったりするんですから、
恐るべしです。

そして、これは、訓練が必要なようです。
口角を可能な限り上げる訓練です。

上の12本の歯を見せて自然に笑えるようになれば達人になれます。

初心者が口角を上げるイメージをつかむには、
「ラッキー」など、語尾が「イー」の言葉を探して、
明るく発音することがよいそうですよ。

さらに日ごろから小さな「幸運」にも大きく喜び、
口角を上げながら「ラッキー」と言うクセをつける。
それを繰り返せば、
ラッキーと言うことで条件反射的に
自然な笑顔をつくれるようになるそうです。



次に、眉は時折少し上下させた方が
楽しさやうれしい感情を伝えやすいものです。

例えば「ありがとうございました」と挨拶するときには、
口角を上げると同時に、
眉をほんの少し上げ気味にして言った方が効果的です。

ビジネスの商談をしている最中も、
目や眉が動いて、
表情の変化があった方が笑顔のパワーは向上し、
相手から好感を持たれやすいと言われています。

学校の先生は、教壇で、どのくらい表情を変えているでしょうか?
一定というより、無表情じゃないでしょうか?


え?私は、笑っている?
売れない営業担当者は、自分は笑顔のつもりでも、
上の歯を全く見せていないことが多いし、
しかも、それに気づいてもいません。


もし、頑張っているのに業績の上がらないと思う人は、
仕事中の表情をビデオ撮影してもらい
第三者になった気分でチェックするか、
職場に鏡を置いて1日に何度もチェックしてみてはどうでしょう。

自分の笑顔の長所と短所が分かってきます。

表情力向上のヒントは、
「いつも見られている意識を持ち、テンションを上げること」だといいます。

日ごろ見られていることを意識していない人はテンションが低く、
無防備に不機嫌な顔を見せます。

先生という職業は、本来、見られる仕事なんですが、
子どもたち相手だと、その意識がいつの間にか、消えてしまっているようです。
毎日、授業参観の気持ちでできればいいんですねえ。


仕上げは、「アイコンタクト」。
相手の目を優しく見つめながら笑顔で話さなければ、
相手の心に伝わりません。
伝わらない笑顔は単なる笑いです。

ヨン様の眼差しを思い出しましょう。


日本人は、一般に恥ずかしがり屋です。
ですから、笑顔もアイコンタクトも、もともと苦手です。

でも、笑顔がつくれないと、絶対に損をします。
今や笑顔の良し悪しで給料が変わる時代です。
「良い笑顔は一日にしてならず」。
じっくり、焦らず、チャレンジしてみましょう。

特に顔の筋肉が硬くなっている人は、
マッサージです。
ほおや口元の筋肉をほぐしておいた方が、自然な笑顔をつくりやすいものです。


さらに、笑顔をつくれば、気持ちもそれにつられて楽しくなっきます。

顔の表情筋や目の周辺の筋肉(眼輪筋)を意識的に動かすと、
楽しい感情をわき起こす神経が活発化するそうです。

つまり、楽しいから笑顔になるのではなく、
笑顔になれば楽しくなる。
自然に笑顔がこぼれ、さらに成果も上がる。
笑顔がプラスの連鎖となって、
どんどん素敵なクラス、素敵な学校ができていきますように。




2008.05.06.Tue

ブログランキングに登録しました。
banner2.gif


2008.05.05.Mon

マインドコントロールの話の合間ですが、
先ほど、ある中学生の家庭教師をしてきたので、
勢いで書きたいと思います。


子どもたちは、学校でも塾でも「自立学習の方法」を、
教わっていないように思います。

家庭で自分からする学習習慣を身につければ、
早い人なら2週間、遅い人でも3ヵ月くらいで成績は改善されます。

1年間塾に通っても結果が出せない子は、いっぱいいます。

効果的な勉強法で、自主的に学習すれば、
誰でも3ヵ月で成績は上がります。そういうもんです。


これは、逆から言うと、今までの勉強の仕方がどれだけ甘く、
うすっぺらいものだったのか、ということです。
  
みなさんの周りに、塾に行かないのに成績抜群の子っていませんか?

「なんで○○君って塾に行ってないのにオール5がとれるの?」
うらやましがられているでしょう。
しかし、その一方で、
「アイツは元から頭がイイんだよ。」
「アイツがオール5をとれるのは、才能だよ。」
と、陰口を叩かれることもあるでしょう。

しかし、「才能」という言葉で片付けるから、
そこにある、大きなチャンスに目がとどかないのです。

何かが違うのです。

長時間勉強机にかじりつき、真面目にやっても、
結果が出ない子がいます。
ただ時間だけが流れ、何1つ知識を身につけることはできません。


日を追うごとに自分の無力さを痛感し、
無意識のうちにイライラしてきます。

「なんでこれだけやっても覚えられないんだ!」

その理由を自分で気づくには、
まだ、中学生になったばかりの子には、高いハードルかもしれません。

でも、あの○○君だけにできる高度なやり方ではなく、
誰にでも実践できるコツってないものでしょうか?

実はあるのです。
目からウロコの学習法です。
しかも、とてもシンプルです。


私は、日頃中学生たちとふれあう中で、
彼らがいかにいい加減で
遠回りな勉強をしているのか
ということに気付かされています。


ただ机に座り、
ノートをぼんやり眺めているだけ。
手を動かさない。

「なぜ彼らは、これほど勉強ができないのだろう・・・?」

ずっと不思議に思っていたのですが、
その明確な理由が見つかりました。


ゆとり教育が悪かったなんて、
政府のせいにするのは、大人の怠慢です。

多くの中高生の保護者は困り果て、
なんとか子供に勉強させようと色んな手段を試すのですが、
肝心の自主学習が身についていないのですから、
何をしても効果ゼロ。

そうこうしているうちに学校の授業はドンドン進みますから、
学校の授業すら機能しなくなってしまうというひどい有様。

「諸悪の根源はゆとり教育にあり!」
「もう学校教育だけには頼ってられないわ・・・。」

そう考え、学校教育を見捨て、
塾探しに精を出す教育熱心な保護者がたくさんいます。

しかし現状は・・・

ここに、おもしろいデータがあるのですが、なんと、
塾に通う生徒の8割は成績が上がらないそうです。

塾で成績が上がるのは2割。

その2割の中身といえば、
もともとやる気に満ちていて、
自分から「塾に通いたい!」と言い出した
自立習慣がついた生徒が大半でしょうから、
親に言われてイヤイヤ塾に通わされている生徒で成績が上がったのは、
実際1割にも満たないのではないでしょうか?



塾に半年以上通わせた人は、ここでちょっと考えてみてほしいのですが、
塾に通わせて効果があったと思いますか?

きっと大半の人が、「効果があるのかないのかわからない」
という微妙な現状で、
それでも「通わせないよりはマシ」と思って
なんとなく継続しているのではないでしょうか?違いますか?


この際だからハッキリさせましょう。
ズバリ言いましょう。
自宅での過ごし方に変化がない限り、
成績UPは望めないんです。

あなたは、お子さんが塾でどうやって過ごしているのか、
考えたことはありますか?


「早く授業終わらないかな~」と思いながら、
塾の先生が黒板に書いた文字を、
ただノートに書き写すだけ。
忠実なコピーマシンと化しているのが現状です。
(もちろん、素晴らしい塾の先生は、いっぱいおられます。
少なくとも、学校の先生よりは)


でも、子どもたちは・・・・・・やっぱり
一応手は動いてますから、
本人もなんだか勉強した気になってしまうんですね。
でも出来上がったのは、あとから見もしない綺麗なノート。

こういう受身的な授業がほとんどで、
お子さん本人が”頭を使って”考えてませんから
成長はありえないのです。


その一方で、たしかに塾へ行って成績が伸びる生徒がいますよね。

彼らは塾から帰ったら、
家で最低2時間自分で勉強しているんです。
学んだことを忘れないように。
そして、何より意識が違うんです。
塾に全面的に依存しようとするのではなく、
塾というものを1つの道具として利用しているにすぎないんです。


「最後は自分でやるしかない。」
それを理解し、実践しているのです。


じゃあ、家庭教師はどうなのか?

成績、上がってます?
もしあなたのお子さんが家庭教師をつけても成績が上がらないなら、
それは家庭教師の先生が、
自宅学習の過ごし方を教えてくれず、
その時その時の2時間の授業に終始しているからです。


このような授業は、バイト感覚の大学生家庭教師によくありがちです。

2時間の授業さえ適当にやり過ごせば、
コンビニ店員の3倍近い時給が手に入るわけですから、
遊びたいさかりの大学生には都合がよく、
そこだけに目をつけ、生徒の日常学習まで親身になって
考えてくれる大学生は少ないのです。


そして親であるあなたも、
「家庭教師つけても伸びないのは、うちの子の出来が悪いのかな・・・」と、
考えてしまいがちですが決してそうではなく、
自宅学習さえ身につければ成績が改善されるのは当たり前の現象なのです。


「じゃあ聞くけど、科学寅さんは普段どんな指導してるの?」

私の場合は、2時間の授業よりも、
私がいない残り6日を生徒自身がどう過ごすのか、
そこの指導に力を入れています。
この6日の過ごし方次第で、
授業の効果を何倍にも高めることができるからです。


そもそも週に1時間半や2時間しか授業がありません。
月に6時間じゃ大した内容は教えることができません。
(1度でも「教える」という仕事に携わったことがある人には、
わかってもらえると思います。)

生徒の質問に答え、
要点を真剣に話していたら、
90分なんて瞬く間に終わってしまいます。

ポイントは、私と会わない、月・火・水・木・金・日曜の過ごし方を教え、
生徒がそれを日々実行してくれるか、どうかにかかっています。

生徒は1日平均2時間勉強しますから、
私が帰ってから次回来るまでに、12時間は
”自分で”
頭を使って考え、右手を使って鉛筆を動かし、
理解を深めているんです。

つまり勉強において自立しているわけです。


自立していない子には、
まず、自立する方法を教えてあげることが
何より優先します。

もし、それができたら、
塾をやめても、
保護者の方たちが信じられないほどの結果を残します。


では、自立するために
一体何を教えるのか?

その答えは非常にシンプルで、
以下の4点と言えましょう。

1.学習するというアタマの使い方を理解し
2.学習空間を整え、
3.各教科の具体的な学習法を知り、
4.それを行動に移すための時間管理の仕方を覚えた。

単純に言えば、以上の4点。
何も難しいこともないし、特別なことでもないと思います。


順に見ていきましょう。

1.学習するというアタマの使い方です。

 これが、一番誤解を受けていることかもしれません。
 とにかく反復で、暗記させればいい、と思っているから
 才能のある子ほど、脳みそが受けつけなくなるんです。

 人間は、絵などのイメージの操作で考えます。
 そのためには、まずリラックスです。
 そして1日5分のイメージトレーニングでガラっと変わります。


  ここのところは、↓が参考になると思います。
 


  ちょっと高いように思われますが、塾の経費と比較すれば、断然安いです。


2.学習空間のデザインです。

「成績を上げる」ということを考えるとき、
とかく学習方法や問題集選びに興味が行きがちですが、
その前にやるべきことがあります。

それは、学習空間を「勉強向きに」変え、
自分の勉強スタイルを確立するということです。

「そんな所からはじまるの・・・?」

と、不思議に思ったかもしれませんが、
成績不振の生徒であるほど、部屋が汚い傾向にあります。

あなたのお子さんの部屋はどうですか?
教科書・問題集・漫画本が散らかり、
その上にホコリがかぶってたりしませんか?
そのような環境で、真に効率的な学習ができると思いますか?

しかし、ただ掃除だけをすればいいという問題でもないのです。

注意すべき学習環境のポイントがいくつかあります。
例えば・・・

・勉強が続かない原因はハッキリしています。
 それは、誘惑が多すぎるから。

・机、イス、床を整理する際にも、注意すべきことがあるでしょう。

・BGMは、レストランや図書館に学びましょう。
(「音」というのは軽視されがちですが、
学習環境を決める大きな要因の1つです。
最適な音の環境は生徒によって異なりますので、
お子さんに合ったBGMを用意してあげましょう。)

・照明も調節する必要があります。

・室温も管理したいものです。

・また、文房具選びにこだわって、損はありません。
 筆箱の中身はどうあるべきで、下敷きは何を選べばいいのか。
 一緒に考えましょう。

・部活から帰ったあと、汗だくのまま勉強していませんか?
 それは集中力が下がる原因になります。
 集中力が持続する身体・服装を考えましょう。

 これらを、自分なりのマニュアルにして、
 紙に書いて、張り出しておきましょう。

その日のうちに、勉強に集中できる学習環境を手に入れることができます。


3.いよいよ各教科の学習法です。

 勉強で悩んでいる生徒の多くは、ここでつまづいています。
 「学習法がわからない。」

 勉強をするにも、「何をどうやって進めていけばいいのかわからない」ので、
 身動きがとれなくなってしまうのです。

 それぞれの教科ごとに、学習方法が違います。
 これこそ、各教科の先生に聞きましょう。塾の先生も、学校の先生も。
 ぜひ、先生に家庭学習の仕方を教科ごとに聞きましょう。

 その教えられた方法を、先のイメージトレーニング

宮口式記憶術 などと合体して行えば、
エンジン全開、ものすごくパワフルに進めることができます。

そしてこの先、
「勉強って何をしたらいいのかわからない。」
と悩むことは無くなります。


知識を身につけたければ、実はアウトプットが大切なんです。
インプットばかりに力を入れて、アウトプットをしている人はかなり少ないです。

何かを覚えようとするとき、
全てを直接頭に入れようとするから、すぐに限界が来るのです。
全てがごちゃ混ぜになり、あとで脳から取り出せなくなります。
それを防ぎ、覚えた知識をあとから(試験中など)取り出せるようにするために、
まずは知識を紙に落とし込むんです。

さらに、カラフル大作戦。
文房具屋で、白・赤・青・黄の4色のファイルを買ってきて、苦手の部分を分類しましょう。

問題集にいきなり書き込むのはNG。
そんなことしてたら、「提出するためだけの問題集」になってしまい、
問題集の価値が半減します。
問題集の価値を最大限に引き出しましょう。

「問題集は3回繰り返せ!」と言われています。
ではその具体的に効率的な繰り返し方とは?
3回やるから3倍の時間をかける必要は無いのです。

また、クソマジメに、問題集をすべて、自力で解かなくてもいいのです。
答えを丸写しで、提出でも、十分に良いものもあります。
要は、取捨選択することです。

社会の問題こそ、イメージトレーニングが効いてきます。
わからない問題に出会ったとき、
イチイチ教科書やノートで調べながら、
1問1問丁寧に進めていませんか?
そのやり方は真面目ですが、学習効率の面では非常に劣っています。
真面目にやればいいという問題でもないのです。

「次の出来事を年代の古い順に並べよ」といった、誰もが苦手とする、
でも出題率が高い問題にも、イメージトレーニングです。

理科は暗記型学習の分野と、
問題演習型学習の分野に分かれます。
今習っている範囲はどちらに属するのか?
それにより当然学習の仕方が変わってきます。

などをチェックに、先生に聞いてみましょう。


最後に 4.時間管理術です。


学習法を知っているだけでは大きな成果は見込めません。
それらをどうやって行動に移していくのか、それが重要です。

そのために、お子さんに学習計画表を作ってもらうべきです。

学習計画を立てるのは大切なのに、
多くの生徒ができません。
なぜなら学校では習わないから。

少なくとも、テスト2週間前からテスト当日まで、
何をしたらいいのか、全体図が見渡せる計画表を立てるべきです。

お子さんは、テスト範囲表で示された全ての範囲をやりきろうとしてませんか?

そんな無理は、してはいけません。
では何をどの順でやればいいのか?
その優先順位とは?

これをじっくりと考えることこそが勉強です。

そして、テスト開始までのタイムリミットを計算します。
全てはそこから始まります。この勉強にかけられる時間を計算します。

できれば、計画倒れしてもイチイチ修正する必要の無い、
そして被害を最小限に抑える計画を立てましょう。

例えばテスト範囲を終わらせるのに50時間必要だとします。
でも学習計画を立ててみたら、
部活が忙しいため勉強時間が30時間しかとれないとします。
その時こそ、自主的な作戦が必要です。
いろんな作戦がありえますんで、
お子さんと一緒に楽しんで、アタマの体操をしてみましょう。

あと、勉強の休憩方法。
10分休憩しようと思ったら、結局ダラダラしてしまい、
その日が終わってしまった・・・。
そんな経験はありませんか?

あらかじめ、休憩方法についても、作戦を練っておくのが実践的です。



塾の指導ではなく、自分で成績を上がられた経験は、
その子の人生で、とてつもなく大きなものになります。
 
今や、大卒かどうかが、問題ではありません。
「大卒」であることには大した価値は無くなってきています。

ではいまの社会では、どんな人材が求められているのか?


現在の会社が求める人物像として、
「チャレンジ精神」、
「モノづくりへの自信」、
「チームで総合力発揮」、
「高度な専門能力」
などがキーワードとしていくつもあげられますが、
これらのキーワードの前提条件は、
「自立型人材」。

一見難しく聞こえますがいいかえれば、
TPOに併せてきちんと自分で考え、
それに基づいて行動できる行動力をもった人です。


れはトヨタ紡織株式会社(トヨタ自動車の関連会社)の
人事開発部からのメッセージです。

ここに、社会が求めている人物像が描かれています。
自分で考え行動できる力をもった「自立型人間」。

そういう人を大企業の人事部長が欲しがっているわけですから、
自ら問題点を発見し、
それを解決する能力に長けている自立型人間は、
異例の速さで出世していくことでしょう。

それはつまり、同期の人たちよりも高待遇を手に出来るということ。

自立の精神は直接的に年収UPに繋がっています。

ですからあなたも、そういう視点も意識して、
お子さんの自立を支援してあげて下さい。

社会に出るための準備期間として与えられた「学生時代」のうちに、
自立の精神を育てましょう。

その第一歩として、自分ひとりで勉強ができるように。
しかも、テストで結果が出せるように。

まずはそれを目指していきませんか?




2008.05.05.Mon

学校教育と、マインドコントロールとは
違ったものであると定義されています。

好奇心の話題から、ちょっと外れますが、
この機会に整理してみます。

教育がマインドコントロールではない理由として、
次のようなことが挙げられています。

1・「教育は、行動のコントロールをしないから。」

2・「教育は、個人の思想にまで言及しないから」
  マインドコントロールでは、
  その組織の教えに疑問を持つことを禁じていますが、
  教育現場では疑問を持つ子供を歓迎しているから。

3・「教育は、感情のコントロールをしないから。」
  カルトでは、不安や恐怖を使って思想を教え込みます。
  学校では、生徒の不安や恐怖心をかき立てて
  授業に集中することを強要するようなことはしないから。

4・「教育は情報のコントロールをしないから。」
  カルトはしばしば外部の情報源を遮断しますが、
  教育現場ではそういった制限をしません。

本当にそうでしょうか????

一般の教育も、子供に何かを教え込もうとしていることは確かです。
少なくとも戦前の教育は、
国をあげてのマインドコントロールだったでしょう。

現代でも、なぜ勉強しなくてはいけないのか、
なぜ人を殺してはいけないのかといった根本的な問題の答えを、
小学生にも分かりやすく語っている学校や先生は、少数派です。

「ちゃんと勉強しないと、いい大人になれませんよ」
などという使い古された言葉は、
生徒に恐怖をもたらしてはいないでしょうか。


マインドコントロールとは、
信者の個性を奪い、
カルトの目的にそった集団行動を強制する技術です。

しかし、「教育」も、
「社会」というわかったようで、わからないものに
順応させ、貢献させるための
マインドコントロールに他ならないんじゃないでしょうか?

程度の差こそあれ、
「教育」と「マインドコントロール」とは同じ延長線上にあります

違うのは、マインドコントロールのほうが
方法論が確立されており、体系的であり、
「有効である」という点だけです。

だから、教育現場でも、もっとマインドコントロールを学び
生徒のコントロールに使うべきだという議論もあります。
現実に、商業世界のマーケティングは、
日夜、マインドコントロールの戦いをしています。

とりにかく、
私たちは「義務教育」の名のもとで
マインドコントロールをうけていることは
認識しておくべきでしょう。




ところで、マインド・コントロールの中でも
悪名高い「カルト」は、どんな作用をしているのでしょう?

新興宗教組織、人格改造セミナーのような
カルト団体は日本にもいくつかありますが、
どれもが特徴としているのは以下のようなことです。


信者の人格のコントロール
信者と信者の家族との関係の破壊
信者と社会との関係の破壊



その組織の目標が、社会の役に立つようなものであっても、
カルト的な組織はいくらでもあります。
カルトの定義もはさまざまです。
フランスなどではYMCAも"カルト"と定義されているそうです!


カルトの定義は反社会的であるかどうかではなく、
信者一人一人と、
社会とのかかわりが保たれているかどうかで決まります。


日本の山伏の修行や密教の荒行などは、
日本人から見れば"信心深い人"にしか過ぎませんが、
日本の宗教事情を知らない海外の人から見れば、
それらは"マインドコントロールされた
カルトの犠牲者" と写ってしまうかもしれません。


カルトに深く取り込まれた信者は、
本人は強制されているという自覚無しに信じられないことをします。

日本でも"カルト"の一般信者の生活は、ふつうの我々から見れば悲惨です。

でも、カルトの内部の人から見れば、
我々の方が "真理を知らない、かわいそうな人々" に写っています。

カルトに取り込まれた人は、
少し前までは普通の生活をしていた人がほとんどです。
何の不自由もなく学生生活を送ってきた大学生が、
驚くほど短期間で、カルト団体の厳しい生活に取り込まれていきます。

マインドコントロールを受けてしまっている人にそれを指摘すると、
「あなたこそ、世の中にマインドコントロールされていて、
真実が見えていない。」などと反論されます。

カルトは、非常に巧妙な方法で信者の価値観を作り変えていきます。

この方法を「マインドコントロール」と言うわけですが、
こうした方法は、実は、現代心理学に裏打ちされたものが多いのです。

マインドコントロールの方法論は
朝鮮戦争前後から開発されてきたそうです。
今もその方法論は改良されています。

"他人を意のままに操る"ことは禁断の甘い香りがいっぱいです。

そして、現代では、適切な症例を選び、正しい方法で行えば、
誰でも同じことが出来るぐらいに体系化されているそうなのです。

「どういう状況で、どういう教えかたをしたら、
人間の価値観をどう変化できるか」、
こうしたことはかなり解明されています。

もちろん、マインドコントロールに、かかりやすい人と、
まったく効果がない人とがいます。
しかし、自分は大丈夫だと思って、
ちょっと冷やかしに、こうした団体をのぞきに行って、
そのまま帰ってこなかった人は何人もいます。


(つづく)

↓これは、禁断の技です。でも、自己防衛のためにも、必須のアイテムかも。

マインドコントロールコピーライティング~お客の心を操って売上倍増

1日5分の「ある」トレーニングを行うだけで
100ページの本を一晩で丸暗記出来ると言われたら
あなたは信じる事が出来ますか?

「そんな方法、あるわけない!」

もし、少しでもそう思ったのであれば
今すぐ下記URLをクリックされてみてください。
           ↓
 



あなたが信じていた学習法の常識を
根底から覆して見せましょう。


2008.05.03.Sat

何と、東京都教育委員会では
職員会議で教職員の挙手・採決を禁じた通知を出しています。
え?シンジラレナイと思う方も多いと思いますが、
事実は、小説よりも、いや、日本むかしばなしより、アホらしいようです。


これに対し、東京都立三鷹高校の土肥信雄校長が
撤回を訴えています。
「教育現場で言論の自由が失われている」と。


都立高の現職校長が
都教委の方針に公然と異議を唱えるのは極めて異例です。
が、たいへん勇気のあることだと思います。

都教委は通知後、
都立学校への調査を繰り返し、
生徒の生活指導や学校行事について挙手をさせた校長を
厳重注意にしています。
それで、07年2月以降は実施校がゼロとなっていたそうです。

元都立久留米高校長の渡部謙一さん(64)は、
「教職員に『何も考えずに黙っていろ』と言っているに等しい。
生き生きとした教育活動が生まれるわけがない」と指摘していますが、
これほど当然のことを、勇気を持って主張しなければならない社会に
日本はなってきているんですね。




でも、もともと、学校で教える「多数決」は、
民主主義なんかとは、大違いでした。

少数意見を大切にした議論の仕方は、ほとんど教えられません。
学活は、議論の形をとりながら、
実は、国や文科省と一緒に、
子どもたちを上から押さえつける免罪符になっています。

多数派に入っていれば、マトモで、
少数派はノケモノです。
これじゃ、まるで「イジメ」そのものです。

学校が国を挙げて推進しようとしているのは、
実は、「全体主義」教育なのです。
これは、善し悪しはオイトイテ、まず、認めることが、スタートです。


私には、当然、全体主義は、「親の敵」ですが、
中には、どこが悪いのか?
全体のことを考えて生きるのは、
素晴らしい! と思われる方もおられるでしょう。


ここでは、あえて、その善し悪しではなく
マインドコントロールについてシリーズで
考えてみたいと思います。

そもそも良くも悪くも、
教育もマインドコントロールの一種と言えるでしょう。

広く考えれば、テレビも映画も、み~んなそうです。
だから、マインドコントロールがどうの、というのは、
それ自体、ほとんど不毛な議論になってしまいます。


一つの教えを布教すること自体が、
マインドコントロールと言えば、いえるからです。
いや、もっと広く言ってしまえば、
すべての宗教、思想、教育、広告、セールス、
相手に何かを伝えようとする人間の行為そのものが、
他者に与えるマインドコントロールになるからです。


逆に言えば、人間の思っていること、信じていることは、
親や友だちと話し合った、
教師から教えられた、
本で読んだ、テレビや映画、ネットを見たなどなど、
他者からの影響でないものは一つもありません。


そこでの、強制や自由意志の問題は、結局はケースバイケース。
要するに、程度の問題です。
 
たとえ強制でも、国家によるものであれば
マインドコントロールと言わずに、教育といわれるでしょう。


でも、マインドコントロールだから、悪というもんではありません。

買ったばかりのコンピューターはただの箱です。

子どもは、ちょうど何も入っていないパソコンのようなものです。
マインドコントロールは、ちょうど基本ソフトのインストール作業のようなものです。

Windowsが裏でどんな仕組みで動いているのか、
理解している人はほとんどいませんが、
誰でもWordやExelを使うことは出来ます。


どうせインストールするなら、バグの少ない、
安定した動作をするOSを入れておきたいものだということです。
そして、OSそのものについて注意を払い、
自分の頭にインストールされるのはどういった思想や知識なのか、
入学前にぜひとも検討してみるべきだと思うのです。

つづきます。

↓これは、禁断の技です。でも、自己防衛のためにも、必須のアイテムかも。

誰もがマインドコントロールでお客を操れる ~ お客の心を操って売上倍増のコピーライティング術





2008.05.02.Fri

先日のNHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

脳科学者の茂木健一郎さんが、
「人を育てるには、ほめのアスリートにならなくては、」
と言っていました。
photo03.jpg

茂木さんは学生が発表している時、
いい発言があると、その瞬間にほめます。

それが学生たちを育てることにつながると茂木は考えています。
快感や喜びに関係のある物質ドーパミンは、
褒められたときやうれしいときに多く放出されます。

そして、ドーパミンが多くでた時、
その直前にしていた行動を繰り返したくなる事が実験で判っています。
そのため、学生がいい発言をした瞬間を逃さずに褒める事が大切なのです。

この方法は子どもにも通用する方法だと茂木さんは、言っていました。
ただ、瞬間的に褒めるには、相手の事をよく見る必要があります。
その事も、子どもには良いメッセージとして伝わるのでしょう。


学生や、普通教室の子どもは、もちろんなんですが、
科学寅さんは、特別支援教室の障害児こそ、
ことのほか、ほめられること、叱られること、
に敏感に反応すると感じています。

何事も、ダイレクトなんですから。

「幸せ脳」の本下記にも書いてありますが

「幸せ脳」は自分でつくる―脳は死ぬまで成長する (講談社プラスアルファ新書)「幸せ脳」は自分でつくる―脳は死ぬまで成長する (講談社プラスアルファ新書)
(2003/09)
久恒 辰博

商品詳細を見る

人はうれしかったり、感動したりすると、
脳の神経回路がグングン成長し、
逆に落ち込むと、回路が消滅してしまうようにできています。
脳のニューロン回路を作る意味からも、子どもは幸せであらねばならないのです。


障害をもっている子にこそ、
特にほめて気分を良くして誘導する必要があります。
逆にそこにこそ、彼らの能力の無限の可能性が潜んでいると、
私は思います。
普通の子以上にドンドン進んでいっちゃうんですから。
限界を知らないんです。


☆☆ と・こ・ろ・が ☆☆

障害児への教育現場では、
逆の場合が多いのではないでしょうか?

気分を害させ、
落ち込むように、
投げやりになるようにと、みんなで引っ張っていませんか?

もしそうなら、これは悪意ではないものの、
立派な人権侵害の一種です。


もちろん、すぐれた指導をされているステキな先生はいっぱいおられます。
しかし、特に、普通学級の先生には、
意識も技術も欠けている方が、
残念ながら、ベテランの先生でもいらっしゃるんじゃないでしょうか。


特に注目して欲しいのは、
普通学級の中で、手当のエアポケット・谷間でもがいて苦しんでいる子どもたちです。


指導技術の基本中の基本として、
向山洋一さんが、よく指摘するポイントですが、

子供を動かす法則 (教育新書 41)子供を動かす法則 (教育新書 41)
(1987/11)
向山 洋一

商品詳細を見る

このような指示は、イジメに近いものがあるのです。

「教科書の28ページを出して、3番をやりなさい」

すると、子どもは、すかさず聞き直します。
「どこをやるの!」
教師は、「今言ったでしょ、ちゃんと聞いていないから分からないんです」と説教が始まる。

短く説教するなら、まだ救われます。長く説教する先生がいます。

ところが、子どもは、ふざけてなんかいないのです!
本当にわからないのです。

人間は何かの行為をする時に、ワーキングメモリー「作業記憶」が脳に入ります。プログラムが組まれるのです。

「教科書を出し」「28ページを開き」「3番をやる」というのは、三つのワーキングメモリーが必要です。

しかし、障害をもった子の中には、「一つ」しかワーキングメモリーが入らない子が多いのです。これはIQとは別です。

だから、先生の指示は、「明確にして」「シンプル」が大切なのです。
「一時に一事」を心がけることが大切です。
そして、一つひとつ確認をし、ほめながら進めていかなくてはなりません。そう!当たり前のことができても、ほめるのです!

例 熊本県 椿原正和 先生の指導

指示1:教科書を出しなさい。出したら「出しました」と言います。

児童:出しました。(早いね。優秀だ!)

指示2:28ページを開けなさい。開けたら「開けました」と言います。

児童:開けました。(すごい!念のため28の数字を抑えてごらんなさい。おとなりと確認してごらんなさい。二人とも同じだったら手をあげなさい)

指示3:問題に1番を指で押さえてごらんなさい。(確認する)そこをノートにやりなさい。

このように一時に一事で授業をすすめています。
指導のステップを小さくして、シャワーのようにほめるのです。

別の先生の話です。
A君は、3年生まで、「全くどうしようもない」という職員室での評価でした。目がつりあがっている。すぐ友達をなぐる。ノート教科書がない。授業中奇声を発する。4年生になってもかけ算ができない。

ところが新しい担任の先生は、こんな指導をしました。

算数の授業のとき、A君のノート・教科書を開いておき、ノートに赤鉛筆で日付をうすく書いておいたのです。授業開始後、即言います。

「日付、ページ数、『大きな数』と書いたら、ノートをもってきましょう」

他の子はキョトンとしている。そんな中、A君が2番目にもって来ます。

「A君2番、早い!!」

大きな数の基本形となる表を写させる。みんなが真剣に写している時、A君の側に行き、そっと赤鉛筆で薄く書きます。一つなぞるごとに短くほめます。それを何回も続けました。

 そして、数値を記入する段階。もちろん、赤鉛筆で薄く書いてあげます。A君は一生懸命にそれをなぞります。一つなぞるごとに、丸をつけてあげます。A君のノートには丸がたくさんついたのです。

授業が終わって、職員室へ向かうため廊下に出ると、「先生…」と呼ぶ声が聞こえます。振り向くとA君がうつむきながら立っています。

赤鉛筆で薄く書くことが、彼の自尊心を傷つけたのかと思い、とっさに私は「ごめんね。赤鉛筆でこたえを書いちゃって」とあやまろうとした。

 しかし、そうではなかったのです。私があやまろうとした瞬間、A君はうつむいた顔を上げ、まっすぐに私を見て言った。

「先生、僕のノートにたくさん丸をつけてくれて…。あ、ありがとうございました!」

あのA君が、深々と、深々と頭を下げた。

3年生まで、できなくて苦しんでいた彼の辛さ、みんなと同じように分かりたいという思い、そして丸をつけてもらった時の喜びの顔が、一瞬のうちに私の頭の中を駆けめぐった。

 次の瞬間、思わず私は彼を抱きしめていた。

それから2ヶ月後、3年生までテストで10点や20点しか取ったことのないA君g、整数のわり算のテストで100点をとった。

テスト返しのとき、「A君、100点!」と言ってテストを返すと、彼は何度も何度も飛び上がって喜んでいた。

☆☆ この話を聞くたびに、私は涙が出ます。
前任の先生にサジを投げられたA君に、頭を下げられるのに、「わずか1時間の算数の授業」で良かったのです。


本当は、この「ほめる」ことを、下記の指導方法と結びつければ、最強ですね。
イメージ・トレーニングで成果をあげる
あくまでも、子どものあるがままを受け入れ、認めることが土台となっています。


2008.05.01.Thu

文章問題をはじめ、いわゆる問題解決型の学習は

文章を絵図(イメージ)で表現する練習のことだったのです。


だから、難しい顔をせずに、
「お絵かき」でいいのですから、
楽しみながら指導すればよかったんです。


では、どうして、この万能薬の「視考力」を
今まで真っ正面から育てようとしなかったのでしょうか。


それは「分かる・理解する」ということが
「分かっていなかった」からでしょう。


今でも多くの人は

 「人は言葉(言葉そのもの)で考える」 と思っています。
言葉の暗記にエネルギーを使っていますね。

でも、単語を覚えた子に、その意味を問うと、
ほとんど、ゾーっとする現実にぶつかります。


間違ってはいけません。

「人は言葉を使ってイメージで考える」のです。
つまり、言葉は単にイメージを再現するための引き金に過ぎないのです。


実は、私達は言葉そのもので考えているわけではないのです。
このことを知らずに教育を語ることは
鳥が翼を広げずに大空に飛び出すようなもので、
非常に危険なことです。
そして、しばしば悲惨な結果をもたらします。


英語でも「分かる」ことを
「 see(スィー)」 つまり「見える(目にする・目に入る)」と表現します。
※フランス語「 voir(ヴゥワール)」でも同様です。


イメージ学習法は、
今までは、特別な人の
特別な思考形態と思われていたようですが、

視考力は人間の最も得意な技を使った
最も楽で効果的な考える方法なのです。
しかも視考力は
あらゆる思考活動の基礎を作りますので
一生の財産になるのです。


この力を育ててもらった子と
育ててもらわなかった子では
理解力が格段に異なります。



また、視考力を使うと
最小限の力で最大限の効果を期待できます。


だから余裕を持って他のいろんな事ができるのです。

計算が速ければ余裕ができる
などと言うレベルの話ではないのです。

これは、人間が持っているずば抜けた視覚イメージを利用した
大量最速の処理能力に由来します。


視覚情報の処理が最速でできることには理由があります。

これは、生き延びるための本能から来ているのです。
襲われたときに視覚イメージの処理が遅いと命取りになるからです。

また、視覚イメージには
体(頭)が瞬時に反応するようにできていますが、
これも本来は生命維持のために必要な反応だからです。

さらに、瞬時に反応するので、判断の時間は与えられません。


このように、視覚イメージは
瞬間反応のための基礎情報として
受け入れられるようになっているので、
即座に頭で肯定されるようになっているのです。


視覚イメージを肯定しないと走ることさえもできないです。
つまり、人は視覚イメージを信じて
行動するようにできているということです。

これらを学習論としてまとめたのが、
下記の本です。

子どもたちを、間違った学校の学習習慣から
守るためにも、
科学寅さんの一押し、オススメ理論です。

12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす
(2007/09/08)
糸山 泰造

商品詳細を見る


新・絶対学力―視考力で子供は伸びる新・絶対学力―視考力で子供は伸びる
(2004/03)
糸山 泰造

商品詳細を見る


上の本は、主に、小学生向けの学習論ですが、

では、切羽詰まった、受験生にとっては
この理論は、どんな学習法を導き出すのでしょう?

以下は、偏差値41から何と東大へ入った宮口さんのメソッドです。
1日100ページを根こそぎ記憶してしまう魔法です。


この学習術は、 視覚的イメージの結合を利用しています。


記憶というものは、「すでに知っていること(既知のもの)」と
「覚えたいこと(未知なもの)」とを結合することなんですが、
できるだけ、
「生き生きした」
「視覚的な」
しかも「とっぴな」イメージをもって結合すれば効果的です。


たとえば,「すでに知っていること(既知のもの)」が「飛行機」であり,
「覚えたいこと(未知なもの)」が「木」であったとすれば,
二つの項目を結合するために,
心眼(mind eye)に
「生き生きした」「視覚的な」「とっぴな」
(実際にはあり得ない,非論理的な,ばかげた)
絵ないしイメージを描く必要があります。


「飛行機が一本の木のそばに止まった」というイメージは
ごく当り前のイメージです。

それよりも,「飛行機の代わりに,大木が飛んでいる」
「飛行機が木の代わりに生えている」
「飛行機にたくさんの木が乗っている」などが効果的です。


効果的な絵ないしイメージを描くためには,
以下の4つのルールのうち、
少なくとも2つ以上のルールを活用することが望ましいと言っています。

 (1) 不均衡 :実物より大きい連想(例:巨大な,大きな)

 (2) 誇張 :実際より数の多い連想(例:たくさんの,何千もの,何万の,無数の)

 (3) 置き換え :他の有意味なものへ置き換えた連想(~のかわりに)

 (4) 動作・動き :動作・動きを入れた連想
(例:飛び出した,飛んでいる,激突した,ぶらさげた,など)

 「大きな封筒(不均衡)から
手紙の代わりに(置き換え)
何万(誇張)ものイヤリングが飛び出している(動き)」
とイメージを描くことができれば,
4つのルールのすべてを含んだイメージを描けたことになります。

「封筒にイヤリングが入っている」や
「封筒からイヤリングがこぼれ落ちた」
よりも鮮明なイメージとして心眼に焼きつきます。


この記憶技法の背景にある基本的学習原理です。

Higbee (1977) が,
学習の原理に関する心理学者による研究成果の中で
学習や記憶の基本的原理の重要なものとして,
有意味化,組織化,連想,視覚化,注意,興味及びフィードバックの
7項目を挙げていますが、それを活用します。


(1)有意味化 :
たとえ有意味度の低い材料であっても,
記憶術のルール(置き換え法など)を採用することによって,
有意味度の高い材料に変換すること.

(2)組織化 :
すべての記憶術のシステムは,
材料を記憶したり想起するのに有効な
システマティックな方法を提供するものです。
図書館の書籍の検索方法が
大変組織的になっているのを例にとってみると理解しやすいでしょう。

(3)連想 :
連想の原理は,すべての記憶術のシステムにおいて
基本的な原理です。
連鎖法では,項目と項目とが連想で結合されます。
場所法,かけくぎ法,音声システムにおいても,
すでに記憶されている材料と
学習したいと思う新しい材料とを連想で結合するものです。

(4)視覚化 :
視覚的イメージをつくることは,
記憶術のシステムにおいて中心的な役割を果たしています。
連鎖法は視覚的になされるからです。
たとえば,「猫」と「ねずみ」を
連鎖法による視覚的イメージで結合するとすれば,
「猫がねずみを食っている」視覚的イメージを描くことによって可能です。

(5)注意 :
不注意のために
はじめから記憶していないことは
忘れた(忘却した)とはいえませんね。
「一万円札に描かれている人物はだれか」を問われた時に,
正しい答え(福沢諭吉)を言えない人は多いです。
でも、これは、忘れたのではなくて,
最初から記憶していない(不注意のために)からかもしれません。
したがって,「注意」は効果的記憶にとって,重要であるといえます。


(6)興味 :
興味の有無は,注意とも密接な関係があります。
興味のあることには注意が向けられ,記憶されるからです。


(7)フィードバック :
学習において,フィードバック(結果の知識)は2つの効果をもちます。
1つは,学習の結果を知ることによって,
興味を持続することができること,
2つ目は,誤った部分を修正しようとする努力を
喚起することができることです。


上記の7つの記憶原理は,
広義の記憶療法においても重要な原理なのです。
それらの原理を充足することによる心理的効果は
決して無視することはできないものです。


宮口式記憶術は、こう提案しています。

毎日の睡眠時間を5分だけ削り、
その5分をイメージトレーニングに使います。 


それを3週間続け、
その後覚えるべき知識を常人の11倍以上のスピードで記憶し
常人の30倍以上の問題集を解き
短期間で圧倒的な知識を得るというものです。


宮口式記憶術は6つの過程を繰り返していくだけです。

Training       イメージ化トレーニング

Preparation     バックボーンの準備

Preparation 2    覚える内容を整理

First section    覚える対象のイメージ化

Scond section    覚える対象をバックボーンにアタッチ

Third section    復習


難しい言葉、法則などは宮口式記憶術には一切存在しません。

いつの時代も本物はシンプルで分かりやすく
誰にも受け入れられるものであるようです。


先人の偉人達がそう言ってきたように記憶術一つをとっても
そうあるべきであり、また真理なのでしょう。


難しい魔法のような学習法を探している人は、
あまりにシンプルすぎて、がっかりするかもしれません。


しかし、この記憶術で超無名校から東大に合格し、首席クラスで
卒業し大学院までストレートに合格したのです。


読んでいくうちにそれは魔法でも何でもなく、
極めてシンプルなのに
ほとんどの人間が使っていない(というか知らない)
脳の使い方を知っているかどうかだということ。

そして誰でも習得できる
(当然あなたも)ものだということに気が付くでしょう。


記憶の達人は、
単なる単語ではなく、
ものすごく具体的なイメージで覚えているものです。

「りんご」ではなく
「青森県津軽に住む松本桂三さんが作ったりんご。
大量生産せず
品質にこだわった直径12.7cmのまん丸なりんご。」


「ボール」ではなく
「1974年ドイツワールドカップの決勝戦で
西ドイツが開催国優勝を果たした時に使われたボール」


「にんじん」ではなく
「冬場はマイナス20度。
黒っぽく砂まじりで水はけの良い韓国錦山の土でとれた朝鮮人参」
などのように。

これも、イメージ力を使ったからこそです。


このトレーニングを続けると
授業中にノートをとることが全く必要なくなるかもしれません。

習や予習もやる必要がなくなるかもしれません。


マユツバの記憶法が出回っている中、
この記憶法が、Infotop(インフフォトップ)で
常にトップランクに位置づけられている情報商材だ
というのも頷けます。

本当に人生が変わると思います。





それにしても、なぜ、子どもは、
あんなに物覚えがよく、発想が豊かなのに、
年をとるにつれて記憶力や発想力に衰えが生じてくるのでしょうか?


違いを生むのは、シータ波だという研究があります。

若いウサギと年老いたウサギを使って実験をしました。

あるひとつの条件反射を習得するのに、
若いウサギでは200回刺激を繰り返す必要がありました。
年老いたウサギでは、
4倍の800回繰り返さないと習得できませんでした。

ところが、シータ波が出ている時に学習させると、
年老いたウサギも若いウサギと同じに短期間で習得することができたのです。


つまり、シータ波が出ている時に学習すれば、学習能力が格段に高まるのです。

では、どんな時に脳波がシータ波になっているのか?
面白いなと好奇心を抱いている時、
シータ波がよく出ているのです。


子どもは何にでも好奇心を持ちます。
「なんだろ、これ?! 面白そう!」
見るもの聞くもの触れるもの、すべてが新鮮で好奇心の的です。


それに対して大人は
「それもう知ってる」「なんだ、つまんないな」
と、好奇心を失ってしまっています。


大人と子どもの脳の性能の違いは、
好奇心の違いによって生まれているのです。


だとすれば、脳を活性化する秘訣は、
川島教授のドリルよりも
意識的に好奇心を持つようにすることです。


脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?
(2006/09)
池谷 裕二

商品詳細を見る



イメージ力を高めることは、
対象に関心を向けること。
つまり好奇心を持つことにつながります。

「なんだ、これ?!」って、対象に好奇心を持つ。
それだけで、イメージ力は高まります。


好奇心はイメージ力を高めるだけでなく、
脳の性能そのものを高めることができます。

とにかく、若々しく過ごす秘訣は、コレです。

「何これ? 面白そう!」

と好奇心を抱けばいいんです。


小学生も、受験生も、サラリーマンも、ご隠居産も
何かしなくちゃならないとき、
さあ、ご一緒に、言ってみましょう!

「何これ? 面白そう!」

叫んでから、始めてみましょう。

それだけで、あなたの脳の性能は格段に高まりますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。