フーテンの科学寅さんの第2ブログです。
s-137_3782.jpg s-138_3825.jpg
s-137_3777.jpgs-138_3818.jpg

フーテンの科学寅さんのヒミツの予定表です。
 a_ilst003.gifでも、優先順位は、科学実験教室ができることですから、ご相談ください。
me-rulogo1.gif
--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.02.Fri

先日のNHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

脳科学者の茂木健一郎さんが、
「人を育てるには、ほめのアスリートにならなくては、」
と言っていました。
photo03.jpg

茂木さんは学生が発表している時、
いい発言があると、その瞬間にほめます。

それが学生たちを育てることにつながると茂木は考えています。
快感や喜びに関係のある物質ドーパミンは、
褒められたときやうれしいときに多く放出されます。

そして、ドーパミンが多くでた時、
その直前にしていた行動を繰り返したくなる事が実験で判っています。
そのため、学生がいい発言をした瞬間を逃さずに褒める事が大切なのです。

この方法は子どもにも通用する方法だと茂木さんは、言っていました。
ただ、瞬間的に褒めるには、相手の事をよく見る必要があります。
その事も、子どもには良いメッセージとして伝わるのでしょう。


学生や、普通教室の子どもは、もちろんなんですが、
科学寅さんは、特別支援教室の障害児こそ、
ことのほか、ほめられること、叱られること、
に敏感に反応すると感じています。

何事も、ダイレクトなんですから。

「幸せ脳」の本下記にも書いてありますが

「幸せ脳」は自分でつくる―脳は死ぬまで成長する (講談社プラスアルファ新書)「幸せ脳」は自分でつくる―脳は死ぬまで成長する (講談社プラスアルファ新書)
(2003/09)
久恒 辰博

商品詳細を見る

人はうれしかったり、感動したりすると、
脳の神経回路がグングン成長し、
逆に落ち込むと、回路が消滅してしまうようにできています。
脳のニューロン回路を作る意味からも、子どもは幸せであらねばならないのです。


障害をもっている子にこそ、
特にほめて気分を良くして誘導する必要があります。
逆にそこにこそ、彼らの能力の無限の可能性が潜んでいると、
私は思います。
普通の子以上にドンドン進んでいっちゃうんですから。
限界を知らないんです。


☆☆ と・こ・ろ・が ☆☆

障害児への教育現場では、
逆の場合が多いのではないでしょうか?

気分を害させ、
落ち込むように、
投げやりになるようにと、みんなで引っ張っていませんか?

もしそうなら、これは悪意ではないものの、
立派な人権侵害の一種です。


もちろん、すぐれた指導をされているステキな先生はいっぱいおられます。
しかし、特に、普通学級の先生には、
意識も技術も欠けている方が、
残念ながら、ベテランの先生でもいらっしゃるんじゃないでしょうか。


特に注目して欲しいのは、
普通学級の中で、手当のエアポケット・谷間でもがいて苦しんでいる子どもたちです。


指導技術の基本中の基本として、
向山洋一さんが、よく指摘するポイントですが、

子供を動かす法則 (教育新書 41)子供を動かす法則 (教育新書 41)
(1987/11)
向山 洋一

商品詳細を見る

このような指示は、イジメに近いものがあるのです。

「教科書の28ページを出して、3番をやりなさい」

すると、子どもは、すかさず聞き直します。
「どこをやるの!」
教師は、「今言ったでしょ、ちゃんと聞いていないから分からないんです」と説教が始まる。

短く説教するなら、まだ救われます。長く説教する先生がいます。

ところが、子どもは、ふざけてなんかいないのです!
本当にわからないのです。

人間は何かの行為をする時に、ワーキングメモリー「作業記憶」が脳に入ります。プログラムが組まれるのです。

「教科書を出し」「28ページを開き」「3番をやる」というのは、三つのワーキングメモリーが必要です。

しかし、障害をもった子の中には、「一つ」しかワーキングメモリーが入らない子が多いのです。これはIQとは別です。

だから、先生の指示は、「明確にして」「シンプル」が大切なのです。
「一時に一事」を心がけることが大切です。
そして、一つひとつ確認をし、ほめながら進めていかなくてはなりません。そう!当たり前のことができても、ほめるのです!

例 熊本県 椿原正和 先生の指導

指示1:教科書を出しなさい。出したら「出しました」と言います。

児童:出しました。(早いね。優秀だ!)

指示2:28ページを開けなさい。開けたら「開けました」と言います。

児童:開けました。(すごい!念のため28の数字を抑えてごらんなさい。おとなりと確認してごらんなさい。二人とも同じだったら手をあげなさい)

指示3:問題に1番を指で押さえてごらんなさい。(確認する)そこをノートにやりなさい。

このように一時に一事で授業をすすめています。
指導のステップを小さくして、シャワーのようにほめるのです。

別の先生の話です。
A君は、3年生まで、「全くどうしようもない」という職員室での評価でした。目がつりあがっている。すぐ友達をなぐる。ノート教科書がない。授業中奇声を発する。4年生になってもかけ算ができない。

ところが新しい担任の先生は、こんな指導をしました。

算数の授業のとき、A君のノート・教科書を開いておき、ノートに赤鉛筆で日付をうすく書いておいたのです。授業開始後、即言います。

「日付、ページ数、『大きな数』と書いたら、ノートをもってきましょう」

他の子はキョトンとしている。そんな中、A君が2番目にもって来ます。

「A君2番、早い!!」

大きな数の基本形となる表を写させる。みんなが真剣に写している時、A君の側に行き、そっと赤鉛筆で薄く書きます。一つなぞるごとに短くほめます。それを何回も続けました。

 そして、数値を記入する段階。もちろん、赤鉛筆で薄く書いてあげます。A君は一生懸命にそれをなぞります。一つなぞるごとに、丸をつけてあげます。A君のノートには丸がたくさんついたのです。

授業が終わって、職員室へ向かうため廊下に出ると、「先生…」と呼ぶ声が聞こえます。振り向くとA君がうつむきながら立っています。

赤鉛筆で薄く書くことが、彼の自尊心を傷つけたのかと思い、とっさに私は「ごめんね。赤鉛筆でこたえを書いちゃって」とあやまろうとした。

 しかし、そうではなかったのです。私があやまろうとした瞬間、A君はうつむいた顔を上げ、まっすぐに私を見て言った。

「先生、僕のノートにたくさん丸をつけてくれて…。あ、ありがとうございました!」

あのA君が、深々と、深々と頭を下げた。

3年生まで、できなくて苦しんでいた彼の辛さ、みんなと同じように分かりたいという思い、そして丸をつけてもらった時の喜びの顔が、一瞬のうちに私の頭の中を駆けめぐった。

 次の瞬間、思わず私は彼を抱きしめていた。

それから2ヶ月後、3年生までテストで10点や20点しか取ったことのないA君g、整数のわり算のテストで100点をとった。

テスト返しのとき、「A君、100点!」と言ってテストを返すと、彼は何度も何度も飛び上がって喜んでいた。

☆☆ この話を聞くたびに、私は涙が出ます。
前任の先生にサジを投げられたA君に、頭を下げられるのに、「わずか1時間の算数の授業」で良かったのです。


本当は、この「ほめる」ことを、下記の指導方法と結びつければ、最強ですね。
イメージ・トレーニングで成果をあげる
あくまでも、子どものあるがままを受け入れ、認めることが土台となっています。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://hatenaland.blog21.fc2.com/tb.php/25-5b207ad6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。