フーテンの科学寅さんの第2ブログです。
s-137_3782.jpg s-138_3825.jpg
s-137_3777.jpgs-138_3818.jpg

フーテンの科学寅さんのヒミツの予定表です。
 a_ilst003.gifでも、優先順位は、科学実験教室ができることですから、ご相談ください。
me-rulogo1.gif
--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.14.Wed

先日書いた、ごまかし勉強では、
直近のテストで高い点数を取ることのみに、関心をもちます。

ですから、テストの出ることが予想される内容のみを暗記しようとします。

得点に結びつかないムダなことは、
できるだけ、タッチしないように、という姿勢になります。

まず、教材は教科書の範囲に限定されます。

辞書や辞典、資料集、参考書、読み物などのように、
興味関心に応じて、教材を広げることはしません。

揃える参考書も、解説の一切ない要点集が好まれます。


さらに、その内容も、
他の単元との関連や、他の分野との関連、
因果関係、用語の意味、背景、
日常生活への応用、他の解決法、
類似の探索など、
余計なことは、できるだけ関心をもたないように努めさせます。

いわゆる「思考の経済化」とでも言うのでしょうか。

でも、これも、自分が戦略的に考えて、重要度をつけたのか、
他人のアタマで絞り込まれたものを、
鵜呑みにしているのかで、さらに、意味合いが違います。

とにかく、自分の判断を通さずに、限定するのが、
ごまかし勉強の特徴です。

だから、暗記材料も、自分で作ろうとしません。
先生か、出版社が作ったものを、そのまま使うことになります。



それに対し、本当の学習は、これも、教科書からスタートするにしても、
教科書は、発展させるための、必要最低限の記述だと考えます。

だから、教科書をすべて読んで理解するのは当然で、
さらに、自分なりに意味を考えたり、
日常での応用を考えたりします。
範囲の発展拡大が行われるのです。

ごまかし勉強では、学習エネルギーを減らそう、減らそうと
努めるのに対し、
本当の勉強では、心を込めようというエネルギーが働くのです。
当然、自然に範囲が広がります。


そもそも、学習は、知的好奇心を満足させ、
考える力をつけ、日常に役立てるためにするものです。

テストは、単なる学習の結果の測定に過ぎないのです。


これらの意味で、「総合的な学習の時間」が導入されたのですが、
これは、学習範囲の拡大を目指す、正統派の学習に戻そうという
目的であったことは、間違いありません。


どんなに良い形を作っても、魂が入っていなければ、
むなしいものだったということでしょう。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://hatenaland.blog21.fc2.com/tb.php/37-a652f75d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。